男ひとり、40すぎて新たなステージを求め札幌へ移住。移住までの軌跡、移住後の生活、北海道グルメ、道内の観光スポットなどについて書いているブログです。

雨の中の踊り子〜第26回YOSAKOIソーラン祭りを観にいった

6月に入ってから晴れた日が1日か2日しかありません。

今日(10日)も朝から雨・・・、しかも寒い。

 

北海道は梅雨がないといっても、これだけ雨が降れば梅雨みたいなものです。

しかも、天気予報では今年の6〜7月の予報は例年通りだといっているのです。

こればかりはどうしようもありませぬが。

 

雨の中、気合の踊り!「YOSAKOIソーラン祭り」

こんな天気な悪い中どうしようと思ったのですが、時間もありましたし、雨の中の踊りを見物するのも悪くないなと思い、YOSAKOIソーラン、観に行きました!

 

最初はメイン会場、特設ステージが置かれた大通8丁目に会場です。

 

雨にも負けず踊っていますね。

 

見物客は雨のせいか、やはり少なめです。

 

こちらはちびっこのチームですね。

一生懸命踊っていました。

 

その横の道路でも、各チームが隊列を組んで踊りを披露しています。

 

色々なチームが出ておりましたが、私がちょうど見かけたのはこちらのチーム。

 

 

サハリンチーム!

ロシア民謡をアレンジした踊りを披露していました。

 

途中から雨も止み、傘も邪魔になりました。

参加者や見学者にとっては幸いでした。

 

他の会場でも盛り上がっていました

YOSAKOIソーラン祭りはメインの大通会場のみならず、他の会場でも踊りが披露されていました。

せっかくなので、いくつか回ってみました。

 

立派なライオン像がある三越前の会場。

確か関西の方から来た大学生のチームの演舞でした。

 

 

次は札幌駅前の会場。

多少小規模でしたが、観客は多かったです。

なぜかまっちゃん(松本人志さん)が目立つ(笑)

 

 

最後に道庁赤レンガ前の会場、こんなところでもやっているのです。

地元札幌のチームでした。

 

 

多分、このお祭りは本場のよさこいや阿波踊り、博多祇園山笠(男性だけですが)のように参加するのが楽しいお祭りですね。

自分ももう少し若ければ、あの中に混ざって踊るのも悪くないなと感じました。

 

(おまけ)今日のスイーツ「わかさいも本舗」

一通り見物をして満足した後、帰りにまたまたお菓子を購入。

(最近買う頻度が多くなった)

 

こちらは「わかさいも本舗」さんのお菓子です。

名前にある「わかさいも」が有名な老舗のお店ですが、最近は色々な種類のお菓子も販売しており、若い世代にも喜ばれるようなものも多いです。

 

写真にある「いもてん」は、わかさいもを天ぷらにしてあげたものですが、これがなかなか香ばしくて美味しかったです。

甘さも控えめで食べやすかったです。

 

クリームなどをたっぷり使った洋菓子系のスイーツもいいですが、たまにはこんな落ち着いた感じのお菓子も悪くないですよ。

 

 

どうやら、明日(11日)も引き続き雨のようです。。。

 

スポンサーリンク






Comment (1)
  1. あれ より:

    よさこいは、職場のお昼にテレビでみたのですがーすごい華やかでしたね!
    人ごみは苦手なので、今回の記事もたいへん面白く拝見いたしました><b

    わかさいもさんは、洞爺湖でのおみやげ(?)で、頂いたことがあったきがするのですが。
    本当にーいろんな種類があるのですね!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。