男ひとり、40すぎて新たなステージを求め札幌へ移住。移住までの軌跡、移住後の生活、北海道グルメ、道内の観光スポットなどについて書いているブログです。

ラジオだけはどうも関東よりに

最近、LINEのCMでのんちゃん(旧名:能年玲奈ちゃん)が出ているやつをみていたら、なんとも懐かしい歌が流れましたね。


そう、キリンジ(KIRINJI)の名曲「エイリアンズ」。

もう、この曲が発表されてから17年も経っているのですね・・・。

今聞いても奥深い世界感を感じますよね。

そして、同じシリーズで今度はのんちゃん自身が歌ったバージョンも作られたのです。

確か、これはサッカーの日本代表の試合を見ていた時、CMで流れてちょっとびっくりした記憶があります。

これは上手い下手は別にして、のんちゃんの個性が出ていますね。

このCMのメイキング映像も公開されています。

(※CMの動画がなくなってしまったため、のんちゃん歌唱バージョンのメイキングのみです)

 

なんと、作詞作曲した堀込泰行さん自らの指導つきです。

(泰行さんはキリンジを脱退されているのですよね、実は)

ついでに公式のオリジナルも貼っておきますね。


これだけの名曲なので、カバーしている方も多く、秦基博さんのやつは良かったです。

(公式なものはなく、ここに貼れないので、気になる方はググって見てください)

 

普段はラジオを聞いているけれど

移住するにあたり、私は会社勤めを辞めて家で仕事をするようになったのですが、基本的には一人で黙々と作業をするので、普段はラジオをつけていることが多いです。

要は静かすぎると、なんとなく侘しいからです。

 

 

自分のお気に入りの曲を集めて、BGM集を作ってもいいのですが、面倒なので、そのまま流していた方が楽なので、こういう時はラジオは便利ですね。

また、新しい曲や懐かしい曲も流れてきて、そういう楽しみもあります。

 

で、普段どんな番組を聴いているのかというと、移住先の北海道の局ではなく、なぜか関東地方のものばかり聴いています(笑)

というのも、長年本州に住んでいて、関東のラジオばかりだったので、どうしてもそちらの方が馴染みがあるのです。

そんなわけで、札幌にいるにもかかわらず、交通情報は首都高や東名高速、都内の道路情報を聴こえてきます。

 

radiko万歳!

北海道に住んでいるのに、なぜ関東のラジオを聴くことができるのか?

それはインターネットを使ったIPサイマルラジオサービスの「radiko」で聴いているからです。

社会人になってからは、日中ラジオを聴くこともなくなり、そのうちに家からステレオやラジカセもなくなり、一時期はラジオ自体を聴くことができない状態にありました。

 

しかし、インターネットで配信サービスが始まり、スマホでもアプリができてから、再びラジオを聴くようになり、再びはまっています。

当初は、自分の住んでいる地域の局しか聴けなかったのですが、radikoプレミアムという有料サービスが始まってから、全国のラジオを聴くことができるようになりました。

好きなラジオ番組もあり、移住しても聴きたいなあと思っていたので、引越しのタイミングで加入しました。

月額350円(税別)なので、有料の動画サービスに入るのに比べたら安いものです。

(別にradikoの回し者というわけではありません、個人的に便利に使っているので、つい力説しただけです)

 

ちなみに、よく聴く局はFMが多く、J-WAVEかNACK5をかけることが多いですね。

日中、株や為替情報を聴きたい時はラジオNIKKEIにしていることもあります。

 

 

本当だったら、道内の番組も楽しめば良いのですが、今のところラジオだけは関東から離れられそうにありません・・・。

まあ、これぐらいはいいかな。

 

スポンサーリンク



Comment (1)
  1. あれ より:

    私も、ラジコいつもきいてます~
    PCまえで、作業してるほうがおおいので。

    でも、北海道の無料のしかきいてないので。時々とまりますw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。