アラフォー独身男が北海道へ移住を決めたきっかけ、移住の記録、移住後の生活、その他プライベートなことについて述べております。

義丹、美瑛で移住生活開始!

前回、俳優の大鶴義丹さんがテレビ番組「イチから住」の企画で美瑛に移住することになったことを取り上げました。

そして、先日(2017年7月30日)にテレビ朝日系で放送されました。

 


義丹さんももう49歳だったので、やっぱ老けたなあ〜と思いながら観ていたので、いつの間にか再婚していたことにびっくりしました。

(マルシアさん、今何してるのかな?)

 

まずは住まい探しから

今回は3ヶ月だけの移住ということですが、短くても住まいは探さなくてはいけません。

都心などで家を探すときは、不動産屋さんなどで物件探しをするのですが、地方(いわゆる田舎)だと、まずは役場(市役所・町役場など)に行くのですね。

番組内でもまずは町役場で不動産屋さんを紹介してもらい、物件を案内してもらっていました。

 

実際に探すとなると、保証人云々などの手続きや、スムーズに物件がみつかるのかなど、気になることは多いと思います。

でも移住を促進している自治体のwebサイトなどで、そういう情報も充実しているところも多いようです。

美瑛も例外ではなく、移住情報のwebページがあり、物件情報も色々と掲載されていました。

実際に移住するときなど、親身になって相談に乗ってくれそうです。

 

物件の内覧をしに行く途中で、職員さんの案内で、セブンスターの木(ページ先頭に載せている写真のやつ)を見に行き、義丹さん感動していました。

 

物件が安いのはいいけど・・・

紹介された物件は2件、どちらとも築20年以上でしたが、作りはしっかりしており、古さはあまり感じられませんでした。

そして何と言っても家がおおきい。

1つが5LDK、もう1つが7LDKと部屋もいっぱいでした。

しかも敷地も広く、東京ドームがすっぽり入るほどです。

 

そして家賃は7〜8万円代ぐらいとこの大きさにしては格安です。

でも、義丹さん1人で暮らすには広すぎです!

 

普通、こういうところの移住は家族で来たり、夫婦2人というケースが多いでしょうから、それでもいいのでしょうが、単身向けのいうのは、ほとんどないのでしょうね。

 

今回は物件を決定するところで終わり、次回は仕事探しですね。

どんな感じになるのでしょうね。

全てが参考にはならないでしょうが、美瑛暮らしイメージは感じることはできるかもしれませんね。

特に、こういう地方部への移住を少しでも考えている方は見ておいて損はないと思います。

 

 

美瑛で焼きカレーうどんがブームになっていることは知りませんでした・・・。

美瑛付きの方はすでにチェック済でしょうね(笑)

 

ちなみに、見逃したという場合は、1週間の間、TVerというサイトで見ることもできますので、チェックして見てください。

もちろん無料ですよ!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。