アラフォー独身男が北海道へ移住を決めたきっかけ、移住の記録、移住後の生活、その他プライベートなことについて述べております。

【北海道移住記録(その3)】引越し準備②引越し業者選び

引越しで持っていく荷物も整理できたので、次に引越し業者を探すことになるのですが、やはりなるべく安く済ませたいのでクロネコヤマトや日通の単身サービスを選ぶことに前提に調べることにしました。

 

念のため、普通の引越しでどれぐらいになるのか確認したいと思ったので、最近良く聞く引越し侍
のサイトで見積もりをしてみました。

これで確認すると、やはり距離が長いため、荷物が少なくても7〜9万円ぐらいはかかってしまい、候補から外すことにしました。

最終的に絞り込み、対象にしたのが、クロネコと日通、そして三八五引越しセンターという業者から選ぶことにしました。これらの業者は単身引っ越しで専用のカゴのようなものに荷物を詰めて、他の荷物と一緒に運ぶので安く上がる仕組みです。

 

それぞれの業者のWEBサイトで見積もりし調べた結果、一番安く収まったのがヤマトでした。

早割、平日割など駆使して、3万円台に抑えることができました!

 

クロネコメンバーズの専用サイトから申し込みをしたので、ダンボールが無料でもらえるのも助かりました。単身サービスの場合は、梱包材を自分で揃えなくてはいけないので、ラッキーでした。
あとは、布団袋やガムテープ類を自分で用意しないといけませんね。

 

そんなわけでクロネコヤマトの引越しサービスに決定して本申し込みをしました。

クロネコ1

(これは本物のクロネコ、本文とはあまり関係ありませぬ))

日程も決めて月末の金曜日午前に運び出し、翌週火曜日に到着するようにしました。本当は月曜日にしても良かったのですが、念のため1日余裕をもたせました。

あとは、電気・ガス・水道の手続きや、役所へ転居届けなどを出す手続きをしないといけませんが、これは明日以降時間を見てやれば間に合うので問題なしです。

荷物の整理も少ないので、大丈夫ですが、今住んでいるところの掃除が面倒ですがちゃんとやらないと。退去時に余計な費用を取られたくないですしね。少しづつ始めないと。

 

そして、自分自身の移動方法ですが、今回は東京から北海道への引越しであるため、数日間はどこかに泊まりながら移動するのですが、これはホテルなどに宿泊しながらになりそうですね。

向こうへの移動は急ぐこともないので、今回はゆっくりフェリーで移動する予定です。オフシーズンなので、さんふらわあの「パシフィック・ストーリー」の企画切符でバスとフェリーを乗り継ぎ東京駅から札幌駅まで9,990円でいくことができるので、こちらを使ってみようかと思います。船内で1泊できると考えればかなりお得ですよね。

さんふらわあ1

 

これも来週にでも申し込みします。あと、東京に1泊、札幌に2泊する分のホテル探しもしないといけませんね。

 

引越しまであと3週間、時間がありそうであっという間に過ぎてしまうので、そろそろ片付けもしないといけませんね。

あと、都内で言っておきたい場所にも行っておきたいですね、スカイツリーとか。まあ北海道に移住しても東京に行かないわけではなく、時々遊びに行きたいなあと思っていますが(笑)

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。