男ひとり、40すぎて新たなステージを求め札幌へ移住。移住までの軌跡、移住後の生活、北海道グルメ、道内の観光スポットなどについて書いているブログです。

美瑛の新しいご当地グルメ「美瑛カレーうどん」とは?

前回の記事で、美瑛で「カレーうどん」が名物だということを知り、ちょっとびっくりしました。

道内のメディアでも美瑛でカレーうどんがブームですなどという話題を聞いたことがなかったですし、へぇ〜そうだったのかというのが正直な感想でした。

(ただ、私自身、あまりテレビを見ないので知らなかっただけかしれませんが)

 

カレーを使った名物というと、室蘭のカレーラーメンは結構知られているかもしれませんね。

以前、現地で食べたことがありますが、結構美味しかったです。

まあ、カレーが好きな人だったら間違い無いですね!

 

美瑛カレーうどんは「北海道じゃらん」が言い出しっぺ

まずは、美瑛カレーうどん、どんな経緯で誕生したのでしょうか。

某、なんとかペディアによると次のように説明されています。

美瑛カレーうどんである。リクルートの旅行雑誌である『北海道じゃらん』の提唱によって、ご当地グルメを通じた美瑛町の町おこしを目的に開発された。

美瑛産の小麦粉を使用した太めの麺と農産物を使用する事とされており、基本スタイルは下記のとおりである。

・正式名称は「美瑛カレーうどん」とする。

・美瑛産小麦粉「香麦」を使ったうどん麺を使用する。

・うどん麺とカレールウ・具材を別々に盛った「つけ麺スタイル」である。

・具材は「美瑛産のしゃぶしゃぶ肉」、季節に合わせた「美瑛産の野菜」を使用する。ただし野菜が収穫できなくなった時期は他産地を使用可。

・「びえい牛乳」を添える。

・価格は1000円以下とする。

Wikipediaの概要ページより引用>

 

なるほど、よくある地元の食材を使ったグルメということですね。

ここでカレーうどんを持ってきたのは正解ですね。

 

今のところ3種類のカレーうどんがあるらしい

美瑛で有名なグルメと言われても、正直なところ、あまりピンとこないかもしれませんね。

美瑛が好きな方なら「ジュンドッグ」は有名ですが、思いつくのはそれぐらいかもしれませんね。

あとは、畑がたくさんあるので、ジャガイモととうきび(とうもろこし)が思いつくぐらいでしょうか。

 

そんな中「美瑛カレーうどん」が誕生し、しっかりと公式サイトも存在しております。

公式サイトをのぞいてみると、今のところ3種類のカレーうどんが存在しているようです。

「つけ麺スタイル」「焼き麺スタイル」「かけ麺スタイル」です。

 

つけ麺とかけ麺はイメージがつきますが、焼き麺とはなんでしょうか?

移住生活を始めた大鶴義丹さんも焼き麺を食べていましたね。

(前回の記事参照)

 

サイトの説明によると、うどん、豚肉、野菜、チーズ、カレールウをオーブンで焼き上げるスタイルのようです。

要はカレーグラタンやカレードリアをイメージするとわかりやすいですね。

 

今のところ、美瑛カレーうどんは美瑛まで行ってお店で食べるか、美瑛の道の駅、観光協会、コンビニなどで購入できるようです。

もし、美瑛に旅行に行く機会があれば、新名物として美瑛カレーうどんを味わってみるのもいいかもしれませんね。

インスタ映えもするでしょうし(笑)

 

こういう記事を書いていたら、無性にカレーうどんを食べたくなってしまいました。

実は札幌にもカレーうどんの隠れた名店があるようなので、機会をみて訪問してみようかなと思っています。

 

 

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。