アラフォー独身男が北海道へ移住を決めたきっかけ、移住の記録、移住後の生活、その他プライベートなことについて述べております。

礼文島で4泊5日の離島暮らし体験募集中です

移住する前から、北海道の暮らしなどに関する情報として「北海道生活」という雑誌を購読していたことがあり、メールマガジンも発行しているので、現在も時折メールを受信することがあります。

雑誌自体は、ここ半年ぐらい読めていないのですが、なかなか充実しており、興味のある地域の特集などが出ると、結構掘り出し物も情報が出てきたりします。

 

今回は、その北海道情報のメールマガジンで、こんな募集をしているという内容が記載されていました。

 

礼文島で、憧れの離島暮らし体験をしよう!

メールマガジンには号外として、「礼文島で、憧れの離島暮らし体験 <参加者大募集!>」とタイトルにありました。

タイトル通り、礼文島で移住体験をしたい方向けの移住体験募集です。

 

最近は、北海道だけでなく、全国で移住を推進している自治体で、本格移住する前に、現地での暮らしを「プチ移住」で体験するようなプログラムが組まれるケースが増えておりますね。

道内の自治体でも、移住体験の募集をしているところが結構あり、今回は礼文島での募集となります。

『礼文島 移住気分の4泊5日』を8月21日(月)から25日(金)までの期間で行うそうです。

島内視察や、トレッキング体験などのボランティア活動を通して、島内での暮らしをリアルに体験できるプログラムが用意されているそうです。

また、宿泊先も確保され、費用面でも結構優遇されておりますよ。

 

詳しくは、下記サイトをご覧ください。

http://www.jtb.co.jp/ripple/rebun2017/

 

締め切りは8月10日までだそうです。

 

 

離島暮らしというと、どうしても沖縄などの南の島をイメージしがちです。

年中暖かく、好きな時に海でくつろぎたいなと考えてしまいますね。

そこへいくと北海道の離島(利尻や礼文)は、夏は良いとしても、それ以外の季節は寒く、冬なんて雪でとんでもないことになるのだろうなと思ってしまいます。

 

旅行で訪れるには良いのかもしれませんが、実際に住むとなると、ちょっと考えてしまいますよね。

他の自治体と異なり、大変ですが、興味のある方は、旅行感覚で行ってみるのも良いかもしれません。

(自治体側もそれで構わないような雰囲気ですし)

 

利尻や礼文は、まだ訪れたことがなくので、一度は行ってみたいですね。

 

北海道生活、道内ではよく見かけるのですが、本州では大型書店にあれば良い方です。

本来は道外の方にこそ読んで欲しいのですが、なかなか道外へ展開するのは厳しいのでしょうね。

 

Comments (2)
  1. やまねこ より:

    私も号外メルマガを見ました。埼玉県に住んでいますが
    たまに取り寄せて読んでいます。
    6・7月号の北海道の絶景(道東編)は行ってみたいと思いました。(有給が取りづらい職場なので、なかなか行けませんが・・)島で美しい景色を眺めるのもいいですね。

    1. きたかぐら より:

      コメントありがとうございます。
      私は最新号の富良野・美瑛に興味がありますので、久しぶりに購入してみようかなと思っています。
      今年はまだどこにも出かけられていないのですが、まだ8月なので、少し足を伸ばしてみたいなあと考えています。
      密かに行ってみたいと思っているのは積丹半島です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。