アラフォー独身男が北海道へ移住を決めたきっかけ、移住の記録、移住後の生活、その他プライベートなことについて述べております。

サウナに入ったら、次の日に頭が痛くなってしまう理由

このブログでもたまに触れているのですが、現在ダイエット実施中で、2〜3日に一度スポーツジムに通っています。

運動するのであれば、近所をランニングしたり自宅で筋トレをしても良いのですが、それを自分でやる意志がないため、半強制的にトレーニングをする環境に身を置いているというわけです。

ジムにいくと、お風呂が併設されているので、このおかげで家で入る必要がないのはちょっと嬉しいですね。

(もちろん行かない日は家でシャワーを浴びていますが)

そして、サウナもついており、毎回ではないのですが、週に1度入ることがあります。

体調の良い日は問題ないのですが、ちょっと体調がすぐれない時や、トレーニングのしすぎで疲れてしまった時に入ると、翌日に頭痛になることがたまにあるのです。

いつもというわけではないのですが、稀にそういうことがあり、実は今日も少し頭が痛い状態で、テンションの低い1日でした。

 

でも、サウナに入った後に頭が痛くなるケースってあるのだろうか疑問に思いました。

やはりせっかくサウナに入るのであれば、翌日に引きずらないようにしたいですね。

そこで、サウナに入って頭が痛くなる原因と、対策について調べてみました。

 

サウナに入って頭が痛くなる原因は?

いきなり結論から入りますが、サウナに入って頭痛になる場合、偏頭痛か、群発頭痛と言われており、どちらもこめかみ周辺がズキズキ痛む症状になります。

どちらも血管が拡張されて起きるのが原因とされており、周囲の神経が引っ張られて痛みが起きると言われております。

特にサウナは皮膚の血管が急激に拡張し、血流の流れが良くなるため、頭痛になる可能性が高くなるのです。

※群発頭痛の場合は周期があり、サウナに入ったからと言ってなるものではありませんが、たまたまその周期が近づいている時にサウナに入ると、痛みを感じることがあります。

目の奥をえぐられるような頭痛を感じたなら群発頭痛を疑いがあります。

一方、偏頭痛の場合は、そのような周期はありませんが、頭の片側だけが痛くなるというのがよく知られた特徴です。

 

 

いずれにしても、サウナに入っている際に頭痛を感じた場合は、すぐにサウナから出るようにしましょう。

そして、次の方法で頭痛を和らげるようにします。

 

・こめかみの辺りをタオル等を当てて冷やす

・深呼吸をし、脳に酸素を行き渡らせる

・偏頭痛の場合、カフェイン系飲料を飲む
(血管が収縮されるそうです)

 

頭痛にならないようサウナに入るにはどうすれば良いか?

頭痛になる原因はわかり、どうやら体調の良し悪しに関係なく、必ず防げるというわけでもなさそうです。

しかし、以下のことに注意すれば、頭痛にならない確率は高くなると言われております。

 

・食後すぐ、特に満腹時には入らない

・飲酒後に入らない

・疲れすぎているときは入らない

・興奮状態の時は入らない

・入るときには必ず水分補給を

 

食後すぐとか飲酒した後は論外ですが、やはり疲れすぎている時は避けた方が賢明ですね。

そして、やはり水分補給ですね。

 

 

多分、今日の原因は昨日のトレーニングで疲労が溜まってしまったことですね。

やはり、年齢に応じた体調管理は大事ですね・・・。

 

 

なお、サウナはダイエット効果を期待して入るという方もいるかもしれませんが、あれは体内に水分が減って一時的に痩せているだけです。

かといって全く効果がないというわけではなく、体内の老廃物が排出される効果(デトックス効果)が促進され、新陳代謝もよくなるので、痩せやすい体には近づけると言われています。

 

でも、夏は暑いので、この時期だけはサウナに入るのを休んでもよいかな。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。