男ひとり、40すぎて新たなステージを求め札幌へ移住。移住までの軌跡、移住後の生活、北海道グルメ、道内の観光スポットなどを中心に、いろいろと書いているブログです。

「Zumba」ってどんなもの?

ダイエットと健康のためにスポーツジム通い、本格的に取り組んで2年、ようやく目標であった体重の大台割れを達成しました!

(大台が何kgなのかというのは・・・、ご想像にお任せします)

これが長かったのか、短かったのかがわかりませんが、兎にも角にも、成果が出てホッとしています。

でも、まだ自分が目標としている体重まであと少しなので、このまま継続して頑張りたいですね。

 

スタジオプログラムに聞き慣れないレッスンが

自分がスポーツジムに行って行なっているトレーニング内容ですが、大雑把に説明すると、まず筋トレを全身一通り行います。

最初はマシンが中心でしたが、最近はバーベルを使った本格的なものにチャレンジしています。

もちろんお腹をスッキリさせる腹筋は外せません!

そのあとは、ランニングマシン(トレッドミル)でひたすら走ります。

基本的には毎回この内容で行なっています。

単調に思えるかもしれませんが、いざやってみるとそんなこともなく、結構のめりこんでしまいます。

 

そのほかにもプールやスタジオ、ホットヨガなどもあります。

プールは泳ぎに自信がないので入ったことがなく、ホットヨガは女性限定なので参加することができません。

スタジオレッスンも機会があればチャレンジしてみようとは思うのですが、やはり自分のペースでできる今のトレーニングがあっているのかなと思っています。

 

ちなみに、スタジオレッスンは様々なプログラムが用意されており、ヨガやエアロビみたいなもの、ボクササイズのようなものもあったりします。

その中で、人気があるのが「Zumba(ズンバ)」と言われるレッスンです。

 

Zumba(ズンバ)はラテンダンスがルーツ

こんな名前のプログラムがあるのを知ったのは、北海道に移住して今のスポーツジムに通い始めてからです。

だいたい、夕方ぐらいにトレーンングをするのですが、その頃にいわゆるスタジオと言われるルームで、様々なレッスンが行われています。

<スタジオのイメージ>

 

その時に、なぜかZumbaのレッスンが行われるときは、人がいっぱい集まってくるのです。

中には他のトレーニングなど行わず、このレッスンだけのために通ってきている人もいるようです。

専用のウェアがあるようで、デカデカと「ZUMBA」とプリントされているものもあったりします。

そんなにZumbaって人気があるものなのかなと思いながら、横目で見たり、たまにスタジオをのぞいたりしています。

 

ところでZumbaってどんなものなのでしょうか。

Zumbaとは、コロンビアのダンサー兼振り付け師であるアルベルト・”ベト”・ペレズによって創作されたフィットネス・プログラムです。

その歴史は意外と浅く、1990年代に生まれました。

ダンスステップがベースとなっており、そこにエアロビクス的な動きをつけエネルギッシュに踊っています。

(なお、Zumbaとはコロンビアで使われるスペイン語で”早い動きで楽しむ、お祭り騒ぎ・バカ騒ぎ”という意味らしいです)

 

イメージとしては、昔ブームになった「コアリズム」を少し激しくした感じと思えば良いでしょう。

 

 

あるいは、TRFのこちらの方が近いかも。

 

 

このZumbaプログラムは「クラブ」などでのダンスでも通用するような実用的なダンスでもあるので、日本でも比較的人気が高いレッスンなのだそうです。

多分、ダンスが好きか、こういうスポーツジムに行っていないと、ずっと知らなかったかもしれません。

 

多分、自分は馴染めそうもないので、やることはないと思いますが、こんなものもあるんだと知ってもらえればいいです。

 

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。