男ひとり、40すぎて新たなステージを求め札幌へ移住。移住までの軌跡、移住後の生活、北海道グルメ、道内の観光スポットなどについて書いているブログです。

待望のチャーハンを堪能!「らーめん信玄」再び!

前回の記事で触れた「豊平館」と「北海道立文学館」へいった日に、見学が終わった後にお腹が空いたので、ちょっと遅いお昼を食べに行くことにしました。

直前まで何を食べようか、何も考えていなかったのですが、ふと思い立って、以前行ったことのある「らーめん信玄」に行くことにしました。

 

久しぶりの信玄は大にぎわいで、少し待ちました

信玄には、以前一度食べに行ったことがあり、その時のレポートはこちらで述べたとおりです。

(つい、この間のことかと思っていたのですが、あれから1年も経っていました。)

 

中島公園からは、10〜15分近く歩くことになるのですが、天気も良かったですし、お腹を空かせるのにも良いかなと思い、テクテク歩いて行きました。

そして、久しぶりの信玄へ。

(実は、この間、えびそば一幻に行った時にも通り過ぎてはいるのですが・・・)

 

 

前回寄った時には、待つことなく、そのまま座れたので、今回も3時近かったので、大丈夫かなと思っていました。

しかし、のぞいてみると、満席で、後ろに1組待っています。

でも、これぐらいなら空いている方なのだなと思い、そのまま入店しました。

そのまま待っていると、次から次にお客が入ってきて、あっという間に5組ぐらい、後ろの待ちスペースも埋まってしまいました。

やはり人気店だけあり、常時お客さんは絶えないようです。

 

実はラーメンよりも名物と噂のチャーハンが目当て

10分ぐらい待ち、席が空き、座りました。

前回は、普通に味噌ラーメンだけを食べたのですが、今回は実は結構人気の高いチャーハンをメインに頼むことにしました。

隣で待っていたお客さんも「チャーハンがうまいんだよと」連れの人と会話していました。

 

 

メニューが小さくてわかりにくいかもしれませんが、普通の大きさのチャーハンがなんと、380円です。

今時、この値段で提供しているところなんて、ほとんどないのではないでしょうか。

 

今回は必ず食べると決めておりましたので、普通盛りのチャーハンと、ハーフサイズのラーメンを頼みました。

ラーメンは普通盛りでも食べられたんですが、ここはさすがにダイエット継続中ですので、泣く泣く抑えました。

味は辛味噌の「越後」にしました。

 

チャーハンの味は本物、大盛りでも余裕でいける!

注文から5分ぐらいで、まずはラーメンがきました。

どちらが先になるのかは、おそらくその時の状況だと思います。

 

ハーフサイズではありますが、なかなかのボリュームです。

肝心の味ですが、辛味噌と言うだけあって、結構ピリッとしました。

ですが、味噌のコクが少し弱いかなと感じました。

そのため、辛味の方が強くなり、ちょっと物足りなさを感じてしまいました。

(もしかすると、ハーフサイズにしたことで、影響が出た可能性もありますが)

 

そして、待望のチャーハンがやってきました。

 

ちょっとわかりにくいかもしれませんが、少し色が濃いですね。

多分、しょうゆが多めの味付けなのでしょう。

サイズは、ちょっと少なめかもしれません。

 

早速一口入れてみると、見た目に反して、それほど濃さはなく、程よい味付けです。

そして、とてもパラパラ感があり、とても美味しいです!

シンプルではありますが、これは病みつきになる味です。

これならいくらでも入りますね、それこそ普通盛りでは物足りず、大盛りを頼んでも良かったくらいです!

 

これは確かにチャーハンが美味いと言われるのもよくわかります。

頼んで大正解でした。

今回は「半ラーメン+チャーハン」という組み合わせでしたが、多分物足りないかもしれません。

「ラーメン+チャーハン」、あるいは「半ラーメン+チャーハン大盛り」でちょうど良いぐらいかもしれないです。

あとは、ラーメンとチャーハンどちらにウェイトを置くかだけですね。

 

ラーメンについては、味噌のコクを求めるのであれば、王道の「信州」をまず頼むのがいいかもしれません。

塩と醤油もあるので、次の機会はこちらも頼んでみたいですね。

 

 

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。