男ひとり、40すぎて新たなステージを求め札幌へ移住。移住までの軌跡、移住後の生活、北海道グルメ、道内の観光スポットなどを中心に、いろいろと書いているブログです。

鮭節で味わう、ちょっと変り種の北海道納豆

 

おかげさまで、当ブログもご覧いただける機会も増え、ありがたいことにコメントなどをいただくこともあります。

最近、なぜか不思議と納豆についての記事が注目されるようになりました。

 

全国的に北海道産大豆の納豆が人気らしい

確かに、以前に「北海道で売っている納豆が激ウマな件」という内容で移住してから買った道内のメーカーの納豆が本当に美味しかったことについて触れました。

それにしても、なぜこのタイミングで納豆の記事が人気なのか?

調べてみると、最近、全国的に北海道産の大豆を使った納豆が人気があるというニュースが流れていたようです。

私自身も、テレビのニュース番組で納豆の売り上げランキングで、上位に北海道産が並んだのです。

 

確かに、私が買っていたのも北海道産のものでした。

とにかく、食べた時の豆の柔らかさとふっくら感がいいのですよね。

安く提供されている海外産大豆を使ったものと全然違いますからね。

国産の方が高いというのも、なんだかおかしな話なのですが、冷静に考えてみれば高いと言っても、それほど驚くような価格ではありません。

実際にそれだけの価値は十分あると思います。

 

しかし、いつも行くスーパーなどでは、だいたい同じメーカーの物しか置いてないので、たまには別なものが食べたくなりました。

そこで、以前も紹介した「北海道くらし百貨店」の近くをたまたま通りかかったので、何か置いてないか探してみました。

あまり置いておらず、ちょっとがっかりしましたが、そんな中でも、ちょっと変り種のものを見つけました。

 

納豆では有名、道南平塚食品

鮭節納豆ってなんだろう?

と思いながらも、気になったので買ってきました。

中を見ると、こんな感じになっておりました。

 

 

ふむふむ、納豆本体と鮭節に分かれているのですね。

これはきっと美味しいはずです。

実際に食べても、鮭の風味がして、美味しかったです!

 

そしてパッケージを見ると、製造者は「道南平塚食品」さんです。

近くにはこのメーカの納豆を扱っているところがないので、なかなかお目にかかれないのですが、納豆が美味しいということでは有名なので知っておりました。

本州などの一部のお店でも、このメーカーの納豆を扱っているので、結構有名かもしれません。

贈答品用の高級納豆「豆の文志郎」などが知られていますね。

 

納豆好きであれば、憧れの的だそうですよ!

 

(おまけ)大谷翔平フィギュアがすごかった!

道内では、札幌駅前にある北海道日本ハムファイターズのオフィシャルショップがリニューアルしたことが話題になりました。

 


なぜ話題になったかというと、こんなものが販売されていたからです。

 

そう、大谷翔平選手の実物大フィギュアが販売されていたのです!

近くを通りかかったので、実物を見てきました。

価格は、背番号にちなんで、何と1,111,111円!

 

かなり本格的に作ったらしく、再現性が高いです。

中にPepperくんを仕込んだら、動くのではないでしょうか(笑)

 

果たして、誰がこれを買うのかというのが注目されていたのですが、販売日当日に早くもお買い上げです!

 


 

確か、札幌市で会社経営している方が購入者で、ファイターズファンが多い社員のために買ったのだそうです。

本人は西武ファンだというオチまでついて!

今度は、その会社で機会があれば展示しようと考えているそうです。

 

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。