男ひとり、40すぎて新たなステージを求め札幌へ移住。移住までの軌跡、移住後の生活、北海道グルメ、道内の観光スポットなどについて書いているブログです。

【北海道移住記録(その8)】退去日当日

さあ、いよいよ都内の住まいの退去日がやってきました。

前日は深夜まで荷物の整理や掃除をし、準備を整え当日を迎えました。

午前中に引越業者がやってきて荷物を搬出する予定です。あいにくの雨ですが、まあこればかりはどうしようもないですね。

 

当日は8時に起床し、一部残っている清掃を実施、残りの荷物も詰めて、業者を待ちます。9時過ぎに連絡があり到着は10時半ぐらいになるとのことで、それまでのんびり待つことにしました。

退去時荷物1

見ての通り、荷物はまとめてあり、これ以外に洗濯機、冷蔵庫、電子レンジがあるぐらいです。

 

業者が来る前にガスと水道の業者さんが来て止める手続きを終え、待っていると、ほぼ予定通りに引越業者がやってきました。

それほど多くない荷物でしたので30分とかからず終了しました。

 

肝心の費用のほうですが、特に超過分もなく当初の見積もり通り4万円以内で収めることができました。遠方の引越としてはかなり抑えることができてラッキーでした。

 

その後、入れ替わりに管理会社がやってきて、最終点検を実施しました。

特に問題なく、追加費用の発生もなく安心しました。
(ということは、やはり以前住んでいた生和建設の管理会社はボッタくってたということが判明しましたね。もう二度と使うことはないが、今後関わる予定のある方はご注意ください。)

退去時荷物2

すべての片付けが終わり部屋の中はすっかりもぬけの殻です。

ここも4年住んでいたのですが、目の前が大通りで昼夜問わず車の騒音には悩まされましたね。特に末期は大型スクーターの無駄にうるさい排気音が腹立たしかったですが、それでもやはり退去となると、一抹の寂しさはありますね。特に今回はいよいよ北海道へ上陸となるのでなおさらです。

 

これにですべての手続きは完了し、私もいよいよ出発です。

片付けが午前中に終わってしまったので、その後どうしようか全く考えておりませんでしたが、まずは近くの神社へお世話になった?ご挨拶をしてきました。

穴八幡

 

こじんまりしたところですが、住んでいる間は初詣にも行っていたので、一応ご挨拶をと思い、お参りをしてきました。

その後は、今日の宿泊先に近い上野に向かい、そこでお昼を食べた後、2時間ぐらい喫茶店(タリーズ)で雑務などをしながら過ごしました。

それでも少し時間があったため、不忍池を散策することにしました。

不忍池3

不忍池2

ここは蓮の葉で池が埋もれており、実際に見てみるとすごいです。

池の中央にぽっかり浮かぶ弁天堂へお参りをして、その後は池の周りをゆっくりと回っていました。

そうするとこんな風景に出くわします。

不忍池1

弁天堂とスカイツリー。

天気が良ければもっと綺麗なのですが、まあこんなのもアリですね。

 

そして、今日は秋葉原の宿に宿泊します。ここにしたのは、明日東京駅からバスに乗るので、近いところがいいかなと思ったからです。そして、この記事もその宿で書いています。

夜はなんか贅沢に行こうと思ったのですが、金曜でどこも混んでいて、適当なところで飲み食いして終わってしまいました。東京最後の夜にしてはあっけなかったですが、今度来た時にゆっくりと飲み食いすればいいかなと。

さあ、明日はいよいよ北海道へ向かいます。以前も触れたとおり、時間があるので今回はフェリーを使います。さてどんな道中になるのか個人的にもワクワクします。

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。