男ひとり、40すぎて新たなステージを求め札幌へ移住。移住までの軌跡、移住後の生活、北海道グルメ、道内の観光スポットなどを中心に、いろいろと書いているブログです。

【挫折した移住計画2013】(その1)アラフォーの人生リセット

先ほどのエントリーでも触れましたが、実は2013年にも移住を計画していたのですが、結局挫折してしまいました。

以前のブログでそのことについて書いておりましたので、当時を振り返りながら、こちらに掲載していきます。

 

<2013年2月8日エントリー>

決めた! 北海道へ帰ろう!

もう40になろうとしている単身男が、今までのキャリアを投げ打ち、世間から見ればバカな奴と思われるでしょうが、学生時代からの希望であった北海道での生活に向けて、一人プロジェクトを始動します。

元々、昨年の終わりごろから、そろそろ自分のこれからを考え、移るのであればこのタイミングでやるしかないと考えていたのですが、本日、思うところがあり今の東京での生活にピリオドを打つことを決心しました。

元々、私自身旭川生まれで、両親も旭川出身です。すぐに内地に出てきたため北海道での生活経験はそれほど長くはないのですが、時々戻ると、なんとなく自分には道産子の血が流れているのかなと(勝手に)感じ、この大地で暮らしていこうと常々思っていました。
しかしながら、経済的な事情などから戻ることができずにいました。

ですが、いい年をして独り身で気ままに、守るべきものも特になく、世間に後ろ指を指されながら(と勝手に思い込んでいる)生きてきた身、今さら失うものもありません。このまま内地で燻って生きていくぐらいならば、あえて荒波に飛び込む覚悟で次のステップに進もうと決心しました。
とにかく今の仕事をやめ、先ずは北海道へ旅立つ! 次の仕事も、移住先で頼る人々もおらず(親類はたくさん住んでいますが、今回はあえて頼らず自力で)何も決まっていない状態でどのようになるのか? 自分でもわかりませんが、とにかく突き進むのみ!
(先ずは今の仕事の退職手続きからか…、まあ生活できるストックは蓄えたので何とかなるだろうと思いますが)

さて、これから移住に向けて行動を開始していくわけですが、その過程について、本ブログで逐次進捗を綴っていこうと思います。引き続きよろしくお願いいたします。

<ここまで>

 

うぁ〜、恥ずかしい・・・。

確か当時は仕事の面で行き詰まっており、上司や先輩ともソリが合わず、もうそろそろ移住してもいいタイミングかなと思っていました。

そんなことを考えていたところ、数十日後に祖母が亡くなりました。

旭川に戻り、葬儀を終え、送り出してきた後、仕事に復帰し、上司に挨拶に行った際、すごく不機嫌な顔でこちらを睨み「あん」と行った態度を取られてしまいました。

こちらの傷が完全に癒えてない時の素っ気なく、人をコケにしたその時の態度!

ああ、こいつは仕事はできるかもしれんが、人としてはクズ野郎だと思いました。

 

当時は色々な感情が混ざった中で仕事もやっていましたので、この時に移住計画を立てたのは必然だったのだなと思い返しました。

そんな決意を心に刻んだ時でした。

 

続く

 

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。