男ひとり40過ぎて新たなステージを求め札幌へ移住。移住までの軌跡、移住後の生活、北海道グルメ、道内の観光スポットなどを中心に、北海道に関わる話題・情報を貪欲に集めて書いています。なぜかダイエットのことまで盛り込んでいます!

女性の気持ちになってマーケティングするのに役に立つ1冊

11月に入りましたが、札幌は比較的暖かい日が続き、穏やかに過ごせています。

でも、もう少ししたら本格的に寒くなるのだろうなあと覚悟を決めて準備をしています。

今回は、珍しく真面目にビジネスライクなことに触れます。

特にwebマーケティングに興味のある方向けです。

 

モノを買うときの女性心理を知りたい時に良さげな本

仕事柄、インターネットで商品を紹介することをしております。

まあ、いろいろなジャンルのものを扱っており、男物もあれば女性向けの商品もあります。

基本的には自分が欲しいなあと思ったものを中心に取り上げております。

が、どうしてもわからないのは女性もののアイテムを紹介する時です。

 

良いと思っても、やはり自分は男性なので、女性的にはどうなのかわからないときが多々あります。

それなら男性モノだけにすれば良いのですが、やはり女性向けのアイテムは人気があるのですよ!

ファッション系・コスメ類・ダイエット・アンチエイジング関係などなど、本当に豊富なんですよね。

ここはやはり商売ですので、そういうものを見逃すわけにはいきません(笑)

でも、自分が女性の気持ちに近づくにはどうすれば良いのだろう・・・。

ググったりSiriに聞いたり、色々方法はありますが、その都度調べると大変ですね。

 

そんな時に、根本的なことを学べそうな本を見つけました。

 

それがこの『ネットで「女性」に売る』という書籍です。

 

「ネット」で女性に買ってもらうためのノウハウを学べる

この書籍は、いわゆるネットショッピングで女性のどのように商品を買ってもらえるようにするかについて、体系的に描かれております。

大まかな内容は次の通りです。

インターネット上で「女性向け」の商品・サービスを「売るため」の、
文章とデザインのノウハウを伝える書籍。

女性に商品やサービスを売りたいのであれば、
「女性に響く」文章の書き方、デザインの見せ方を取り入れる必要があります。

本書は、その書き方・見せ方の極意を余すことなく伝えるものです。

本書の中で語られる文章やデザインのノウハウは、
売るための文章の専門家「セールスコピーライター」であり、
通信販売業界などの現場で活躍するマーケッターでもある著者が、
経験と実績からたどり着いた女性特有の考え方や購買心理・購買行動を汲んだもの。

売るためには、商品の「本当の魅力」を正しい方法で、
買い手側にキチンと伝える努力が必要不可欠です。

<amazonの紹介ページから一部抜粋>

 

そして、この本は、業界に長く携わっている女性が著者というのがポイント!

これで、内容にも説得力が増します。

 

その商品を買ったらどんな「夢」を見せてあげられるかがポイント!

実際に購入して一通り読んだのですが、印象的だったのは、説明にも記載があった「商品の本当の魅力」をいかに伝えられるかというところです。

これを売る側で考えると、落とし穴にハマることがあるのです。

商品の魅力というと、こういう成分や特徴がすごいという、製品そのもの特徴をアピールしてしまいがちです。

が、本当に大事なのは、その商品を使ったら、自分がどう変わることができるのかをいうのを伝えてあげることです。

 

今まで、セールスのwebページを作る時にも、そういうことを一生懸命書いていたのですが、そんなことはどうでも良かったわけです。

(もちろん、説明が必要なケースもありますが)

つまり、それを手に入れることで、どうなるのかをいうのを示してあげると良いということです。

それは、たった1枚の写真だけでも良かったりするのです。

そうすれば、ボタンをポチッとしてくれるわけです。

 

私がこれを読んだときは、ちょうど行き詰まっていたときでしたので、かなり勉強になりました。

この後、また読み返して戦略を練りたいと思います!

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。