男ひとり、40すぎて新たなステージを求め札幌へ移住。移住までの軌跡、移住後の生活、北海道グルメ、道内の観光スポットなどを中心に、いろいろと書いているブログです。

北海道の冬でも、ももひき(タイツ)を履かないで過ごすオレって異質なのか?

 

とある日の札幌の交差点にて。

外に出たら、雪がしんしんと降っていました。

 

北海道の冬は雪で大変なのです。

でも東北や長野、新潟などの豪雪地帯に比べたら、北海道は雪の量はそれほどでもないのです。

しかし、それ以上にとにかく寒い!

個人的には北海道の冬は雪よりも寒さにどれだけ耐えられるのかのほうが重要に思われます。

(もちろん、雪かきなども大変ですが)

 

周りの着替えで気づいた、あること

今回は、その寒さについてのことです。

私は週に3度ほど、スポーツジムに通っているのですが、当然ロッカールームに入り着替えております。

着替えているときは、周りのことなど気にしないのですが、それでもどうしても他に着替えているところが見えてしまいます。

 

最近になって、冬のシーズンの着替えのシーンでは、防寒のためにヒートテックのような下着を着ている方が多いのですが、例外なく下もモモヒキ(タイツ)を履いているのです。


そう、こういうやつですね。

 

まあ、年配の方だったらわかるのですが、そうでない20〜30代の若手も普通に履いているのです。

自分のイメージでは若者はそんなもの履かないと思っていたのですが、やはり、北海道では履いていないと寒くてたまらないのでしょうね。

 

実は私、今までモモヒキなどはいたことは無い!

う〜ん、北海道はやはり寒いね〜、で話が終われば良いのですが、実はその着替えで、自分はもしかして普通じゃないのかもしれないと思ってしまいました。

というのは、自分自身、今までこのかた、モモヒキなどはいたことがないのです!

 

東京に住んでいたときはもちろん、北海道に移住して着てからも、ただの1度も履いていません。

というか、持ってもいません!

 

それで昨シーズン、そして今シーズン普通に過ごしています(笑)

 

私自身、どちらかというと暑がりで、今までも冬は比較的薄着で過ごしてきて問題ありませんでした。

それは北海道に来てからも変わらず、外出するときも、上にはさすがいダウンのコートをはおりますが、中は薄めのシャツで十分耐えられます。

下は、普通にジーンズなどをそのまま履いているだけです。

裏地にボアやフリースなどもないです。

それで外に出ても全然平気です、もちろん寒いと感じることはありますが、耐えられないということはありません。

 

以前、「北海道での冬コーディネート」という記事をあげたのですが、そこで紹介されている衣服の中にもしっかりタイツが入っていました。

 

こう考えると、北海道の冬を過ごすには、中にタイツやモモヒキをはいているのが普通のようですが、それで問題がないという私は、やはり異質なのかもしれません(笑)

 

でも、トレーニングをする時にはロングスパッツを履いていたりする

というわけで、今になって自分が普通じゃないかもしれないということに気づいたのですが、まあ見られるものでもないですし、寒すぎて耐えられないということもないので、今シーズンもそのまま過ごすことになるでしょう。

 

でも、スポーツジムでトレーニングする時には、下にスポーツ用のタイツ(スパッツ)を履いています。


こういうやつですね。

これと同じようにスパッツの上に短パンを履いています。

 

ここではなんで履いているかというと、着圧効果を期待してのことです。

それ以外には吸汗効果、そして生足をそのまま晒さないためで。

何も処理していないので、生足のままだとみっともなくて(笑)

 

さて、私はいつまでモモヒキを履かないで冬を越すことができるのでしょうか?

もう4〜5年は大丈夫なような気がします。。。

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。