男ひとり、40すぎて新たなステージを求め札幌へ移住。移住までの軌跡、移住後の生活、北海道グルメ、道内の観光スポットなどについて書いているブログです。

【北海道移住記録(その11)】さんふらわあ乗船記②

前回はフェリーに乗り込み出港するまでを書きました。

今回は船内の様子などに触れたいと思います。

 

今回、私が泊まった部屋はカジュアルルームという寝台タイプの部屋で読書灯と電源コンセント、枕と毛布がついたタイプです。ブルートレインで言えばB寝台と同じようなタイプですね。

さんふらわあ乗船12

(前回も載せましたが、もう一度)

 

その他にはスイートルーム、デラックスルーム、スタンダードルーム、エコノミールームとあります。

カジュアルルームとエコノミールーム以外は2人以上で使う部屋なので、一人で乗船するのには使いませんね。2人分の料金を払えば使えなくもないそうですが、それもどうかなと。

ただ、閑散期であれば、1人分の料金で開放してくれてもいいかなと思いますね。

 

エコノミールームだけ写真に収めてきました。

さんふらわあ乗船13

いわゆる、2等船室ですね。20代で旅をしていた時は、こんな部屋で雑魚寝していましたね。今回はそれほど混んでいなかったので、ここでもいいかなと思ったのですが、多分気をつかってしまい熟睡できそうもないのでパスしました。

 

さて、船内の様子を一部おさめてきました。

さんふらわあ乗船8

エントランスの裏側にあるレストスペースです。

寝台以外ではほとんどここでくつろいでいました。

 

さんふらわあ乗船25

ここはマリンシアター、航海中、夜と朝に映画が上映されます。今回はあまり興味のないものだったので観覧はしませんでした。

 

さんふらわあ乗船22

レストランです。夕食と朝食はバイキング形式、昼食はカレーとパスタのバイキングでした。夕食とお昼を食べました。

 

さんふらわあ乗船23

レストランの横には、子供のためのキッズスペースがありました。土曜日でしたので小さい子も乗っており、ここで遊んでいるのを見かけました。

 

あとは写真は撮りませんでしたが、お風呂、ゲームセンター、所々に自動販売機がありました。

ゲームセンターは一昔前のものが揃っているようでした。自動販売機は一般的に売られている価格で販売されており、ビール、チューハイなどのアルコール類も揃っていました。

 

そして、船のトイレにつきものなのがこれ。

さんふらわあ乗船24

気持ち悪くなったらこちらをどうぞ!

これもよく見ますね、ただひと昔前のフェリーなので新しい船ではどんなものなのでしょうね。

 

さて、出港した後の船内ですが、自分の寝台スペースで少しくつろいだ後、食事に行きました。買いこんでも良かったのですが、まあ記念になるかなと思って船内のレストランへ行きました。

 

夕食は18時から19時半までと少し早めで、19時頃に食べました。長い航海になるので少し遅めの方が良かったのですが、こればかりは仕方ないですね。

事前情報だと期待外れということだったのですが、結構食べ物はありましたし、予想していたよりはおいしい味でした。学食や社食より少し美味しいかなというイメージです。
(なので、ドライバーさんなど頻繁に利用されている方々は、やはり自分たちで持ち込んで食べていましたね)

アルコール類はちょっと高めなので、ここでは飲みませんでした。

 

食事を終わった後、自販機でチューハイを購入し、レストルームで一杯飲み、その後眠くなったので、そのまま寝台に入りました。

この後も到着まで時間はあるので、早く寝てしまおうと思い、夜10時頃にはもう寝てしまいました。

移動で疲れていたのか、朝は8時頃に一度目が覚め、そのまま9時頃まで寝ていました。

 

起きた後、昨日入っていなかったお風呂へ、まあまあの広さで、2、3人ぐらいしかいなかったので結構くつろげました。

湯船から外も見えましたが、太平洋側に向いていたため、一面の海!

ちょっと窓が曇っていましたが、いい景色でした。

ちなみに、シャンプー等はありますが、タオル類はないので、自分で用意するか、売店で有料で買うことになります。事前に調べていたので、大きめのタオルハンカチを浴室内に持ち込み、体はフェイスタオルで拭きました。

 

風呂から上がった後は、レストルームで座ったり、天気が良かったのでデッキに出て外を眺めていました。

 

朝食は食べなかったので、12時になりレストランでお昼を食べました。朝食べていなかった分、かなりお腹が空いており、カレー2皿、ミートスパゲッティ1皿、サラダを平らげました。こちらは結構美味しかったです。ただ食べ過ぎてしまったなあと、少し後悔しました。

 

その後は13時半には到着するので、荷物の整理をした後、時間までくつろいでいました。

 

さあ、到着はもう直ぐです。

苫小牧港へ到着するくだりから先は、また次回触れます。

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。