男ひとり40過ぎて新たなステージを求め札幌へ移住。移住までの軌跡、移住後の生活、北海道グルメ、道内の観光スポットなどを中心に、北海道に関わる話題・情報を貪欲に集めて書いています。なぜかダイエットのことまで盛り込んでいます!

さっぽろテレビ塔から、雪景色の札幌の風景を一望しよう

 

札幌の中心部を歩いていると、どこからでも結構見かけることができるのが、さっぽろテレビ塔です。

普段は時計がわりに見ることが多いですね。

真下から見ると、なかなかの迫力です。

 

テレビ塔には4、5年前に観光できたときに登ったことがあるのですが、移住してからは、登ろうという気にはなりませんでした。

地元にいるとそんなものではないでしょうか。

都内に住んていて東京タワーに登ろう思わないのと同じですね。

 

今回は、先日訪れた円山動物園で年間パスポートを購入し、テレビ塔に割引料金で登れることを知り、時間ができたので登ってみることにしました。

 

テレビ塔の展望台、料金は高いか安いか?

さっぽろテレビ塔の展望台へは、3階にあたるところまではエレベータで登り、ここで入場券を購入します。

 

通常は自動販売機で購入となるのですが、各種割引を適用してもらう場合は、カウンターで係りの方から直接購入することになりますので注意してください。

通常料金は720円です。

(今なら、公式サイトで10%割引チケットの特典があります。)

 

果たしてこの料金が安いのか高いのか?

東京タワーの大展望台は900円、さらにその上の特別展望台は2800円です。

東京スカイツリーは色々なプランがあるのですが、平均して3000円ぐらいです。

名古屋テレビ塔は700円、大阪のあべのハルカス展望台は1500円、通天閣は700円、福岡タワーは800円です。

比較すると妥当なのでしょうね。

 

札幌駅のJRタワー展望台(道内で一番高さのある展望台)も同じ720円です。

 

チケットを購入したら、専用のエレベータで展望台まで登ります。

 

高さ90mの展望ですが、見晴らしは最高!

エレベータを降りると、こんな風景が広がります!

これが、なかなかの見晴らしです。

 

さっぽろテレビ塔は高さは147.2m、展望台は約90mの高さにあります。

数字だけ見ると、他のタワーに比べると大したことなさそうに見えますが、実際に眺めると、遠くまでよく見渡せます。

 

いかがですか?

実際に眺めると、また違いますよ。

これは、市街地にあまり高いビルがないため、これだけの高さでも十分に見晴らしがいいのです。

 

そして、この眺めが一番有名でしょう。

大通公園が一望できます!

 

少しズームアップ。

奥には大倉山のジャンプ台も見えます。

ちょうど雪まつりが終わり、雪像の取り壊し作業の真っ最中でした。

 

私自身は、先ほども触れた通り、過去に1度だけ登ったことがあるのですが、その時は秋口でまだ雪は積もっていない時でした。

今回は真冬の時期、雪景色を眺めるのは初めてです。

白い札幌を楽しむことができますよ!

 

日中は比較的空いており、落ち着いて見学できます

今回は平日の昼間だったせいか、展望台に登るお客も少なかったです。

多分、JRタワーの方が高い位置から眺められるので、そちらに流れているのかもしれません。

 

ですが、眺めは全然遜色なく、むしろ周りを気にすることなくじっくり観ることが出来ますので、意外と穴場ではないでしょうか。

(結構1人できている観光客もチラホラいました)

 

でも、1度見ているせいか、10分もいれば満足して飽きてしまいますけど(笑)

 

ちなみに展望台にはちゃっかりお土産なども並んでいました。

右側はテレビ塔のキャラクターを模した「神社」です。

 

でも、これだとなんだか風情がないですし、ここでわざわざ買う観光客もいないような気がします。

展望台は、見学に特化して、期間ごとに昔の写真を展示するスペースした方が良いのではと思いました。

(お土産などは下の階でまとめて売ればいいのですし)

 

こんな感じで、結構ゆったりと楽しむことができますので、札幌観光で時間があれば候補にいかがでしょか。

夜景も最高ですよ!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。