男ひとり40過ぎて新たなステージを求め札幌へ移住。移住までの軌跡、移住後の生活、北海道グルメ、道内の観光スポットなどを中心に、北海道に関わる話題・情報を貪欲に集めて書いています。なぜかダイエットのことまで盛り込んでいます!

ダイエットしても体重がこれ以上落ちないのであれば、やはり食事の見直しが必要かもしれない

 

最近1つ困っている、というより悩みがあります。

それは、ダイエットのため頑張ってトレーニングをしたり、食生活をコントロールしているにも関わらず、ある一定の体重に達してから一向に体重が減らないことです!

 

一般的にダイエットをしていると、一次的に停滞期があり、だいたい2週間〜1ヶ月程度すぎると再び落ちるようになると言われております。

しかし、私の場合、半年近く体重が変わらないのです。

大体2〜3kgの範囲で上下変動しております。

 

やはり原因は食生活にあると断定せざるを得ない

体重が安定しているのであれば、良さそうに思われるのですが、自分が理想としている体重に達するには、あと5kgは落としたいのです。

トレーニングは具合が悪くない限り、週3ペースで行っているのですが、なかなか成果が現れません。

(まあ、お腹が出っ張っているということはないのですが・・・)

 

運動を定期的にしているのであれば、あと考えられるのは、やはり食生活に問題があると言わざるを得ません。

自分では気をつけているつもりでも、やはりどこかに不備があるはず。

 

そこで、一度何が原因なのか確認するため、最近注目されているこの本を参考にすることにしました。

「医者が教える食事術」という本になり、最近のベストセラー(らしいです)。

最新の医療テータや医学論文に詳しい医学博士の著者が、今の医学で正しいと言える「食の教養」をまとめた1冊です。

「肥満」「老化」「病気」になってしまう原因と、それを遠ざけるための食事法が綴られております。

 

まずはこの本を読んで、自分がなぜなかなか体重が減らない原因を探ってみました。

 

ダイエットでの食事はカロリーではなく血糖値にコントロールにあり!

さて、自分がどういう食事をしているのかを思い起こし、何が問題なのか検証した結果、3つの原因が考えられました。

 

①トレーニングをした日の夕食

②夕食に炭水化物を食べ過ぎている

③間食で食べているもの

 

まず①ですが、トレーニングをしているが故の落とし穴でした。

運動をすると当然カロリーを消費しますから、かなりお腹が空きます。

そのため、ついつい食べちゃうのですよね。

しかも脂っこい揚げ物とか、炭水化物もたっぷり!

 

②も結構思い当たることが多いです。

夕食の後は、後は寝るだけということが多いので、そこで炭水化物などエネルギーになるものを摂ってしまうと、余ってしまい体に蓄積されてしまうのです。

炭水化物は活動のエネルギーとなるため、欠かせないのですが、食べるのであれば、朝昼食にし、夕食は食べなくても良いぐらいなのだそうです。

 

③なのですが、これは昼ごはんを軽めにしてしまっているために、夕食前に補充のために軽く食べてしまうことが結構あるのです。

軽く食べる時というのは、簡単に済ませたいため、どうしてもおにぎりとかパンなど単品になってしまうのですね。

空腹の状態で炭水化物・糖質を食べてしまうと、血糖値が急激に上がってしまい、それを下げるためにインスリンが分泌されます。

血糖値が高くなるほどインスリンも大量に出てしまい、余った分は糖質を含んだ状態で体脂肪に蓄えてしまい、これが太る原因となるのです。

 

最初に血糖値を上げないように野菜やおかずなどを食べてから炭水化物を食べれば問題ないのですが、思い返してみると、間食ぐらいならいいかと油断して、蓄積されてしまっていたと思われます。

 

以前に比べて、炭水化物は減らしているつもりでしたが、思わぬところに落とし穴がありました。

 

「医師が教える食事術」を参考にした食事改善はこうだ!

自分の食事法の問題点も判明したところで、食事を改善に取り組まなければいけません。

先ほどの書籍の内容より「肥満」を改善する食事法を組み合わせ、次のようなことに気をつけることにしました。

 

①米類、麺類、イモ類を意識して減らし、特に夕食にはなるべく口にしない

 

②パンはできる限り食べない

今までは甘い味のいわゆる菓子パンだけは避けていたのですが、それ以外の調理パンもマーガリンや様々な加工物を含んでいることがあるので、避けるべき。

 

③ケーキ、せんべい類なども、極力食べない

せんべいなど米菓は大丈夫だろうと思い、時々つまむことがあったのですが、これも避けるようにします。

普段から飲みませんが、ジュース類など、もってのほかです!

エナジードリンクもやめます。

 

④シリアルやグラノーラもやめる

グラノーラは大麦など雑穀類が含まれており、食物繊維が多いから良いかと思っていたのですが、味付けなどに白砂糖が多く含まれていることがあり、口にしないほうが良いとのこと。

 

⑤血糖値を上げないように食べる順番を徹底

これは今でもやっているのですが、食事はなるべく品目を多くし、野菜など血糖値を上げないものから食べ始めるようにし、炭水化物類は最後に食べるようにします。

 

⑥海藻、キノコ類を積極的に食べる

 

⑦タンパク質は「肉:魚・大豆=2:8」の割合ぐらいで良い

最近はダイエットのためにタンパク質を多く食べようというのが主流で、肉類を積極的に推進する傾向にありますが、やはり脂身など余分に取りすぎることがあるので、少なめでも良い。

どうしても肉を多くしたいのであれば、赤みを中心に。

 

⑧水は1日2リットル飲む

 

⑨油を使うならオリーブオイル、それもエキストラバージンオイルを使う

 

 

これだけあると、結構大変ですが、やはりもう少し体重を落としたいので、意識して取り組んで行きたいですね。

でも、ガチガチに守るとストレスがたまるので、たまには少しぐらいラーメンとか、甘いお菓子などはつまむぐらいはします。

(ダイエットではこれをチートデイとも言いますね、要は食事制限の休息日みたいなものですね)

 

参考にした「医師が教える食事法」は、お酒は毎日飲んで良いなど、疑問に思うようなことも書いてあったりしますが、ほとんどのことは、まあ納得できることではありますので、気になるようでしたら、一読してみると面白いかもしれません。

 

 

さて、この食生活の改善で果たして体重は減るのか。

3ヶ月後が楽しみです。

 

とか言いながら、今日のお昼は単品のカレーライスだった(笑)

でも、ちゃんとお味噌汁から最初に口にしましたよ。

市役所の食堂なのですが、ここのカレー、ジャガイモが大きくて美味しいのですよね〜。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。