男ひとり40過ぎて新たなステージを求め札幌へ移住。移住までの軌跡、移住後の生活、北海道グルメ、道内の観光スポットなどを中心に、北海道に関わる話題・情報を貪欲に集めて書いています。なぜかダイエットのことまで盛り込んでいます!

そこまでして札幌で冬季五輪を開催したいのか?2026年から2030年招致を目指すらしい

 

このニュースを聞いた時、本当に懲りないなあとつくづく思いました。

札幌市は2016年に冬季オリンピック招致を目指していたのを、2030年に変更するのだそうです。

 

 

2018年に韓国・平昌(ピョンチャン)、2022年に北京で、そのまま立候補するとアジアでの3大会連続開催となり、難しいということ。

さらに他の立候補地がカナダ・カルガリーやイタリア・トリノなど国際大会の実績が豊かな都市が多く、厳しい争いが予想されたからということです。

その一方で、2030年に招致出来れば、30年度末予定の北海道新幹線札幌開業が前倒しされる可能性が高くなるという声も上がったそうです。

札幌市の幹部も「市民や経済界にも30年大会を望む声は多い」とコメントしておりました。

 

なんかすごい後付けの理由ばかり並べていますね(笑)

 

平昌と北京と連続開催されることは最初からわかっており、それを無視して積極的に承知していたのはどこの誰ですか?

また市民や経済界も30年開催を望んでいるなんて本当に言っているのかどうかも怪しいです。

特に市民なんて本気でオリンピック招致を望んでいるようには思えないですしね。

 

それにしても、一体誰が積極的に承知しようとしているのでしょうか?

市長の秋元か?

既得権益が得られそうな市と道の幹部職員?

あるいは道選出の国会議員、道議会議員?

どう考えてもキナ臭いですね。

 

そもそも日本ハムファイターズすら札幌ドームから引き止められず、札幌ドームを廃墟にしようとしている札幌市にオリンピックを運営できる能力があるとはととても思えません。

また、秋元も五輪招致で汚名を返上しようと思っておるのであれば、相当頭の中がお花畑状態なのでしょうね。

 

何れにしても、次の市長選挙ではオリンピック招致をどうするかが焦点の1つになりそうです。

多分、秋元が再選される可能性は限りなくゼロに近いでしょうが。

 

もう、昔のようにオリンピックを開催して経済活性化されるという時代ではなくなっております。

オリンピック開催は他の国に任せ、別の方法で札幌の活性化を図ることを考えたほうがよほど有益です。

 

JOCも馬鹿正直に札幌市に協力しないで、ハッキリ無理と言って欲しいところですが・・・。

もしかして東京五輪と同じように、バックに森がいるのかな?

これ以上もらって何に使いたいのかな(笑)

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。