男ひとり40過ぎて新たなステージを求め札幌へ移住。移住までの軌跡、移住後の生活、北海道グルメ、道内の観光スポットなどを中心に、北海道に関わる話題・情報を貪欲に集めて書いています。なぜかダイエットのことまで盛り込んでいます!

北海道の5月の乾燥をなめてはいけないかもしれない

 

5月に入っても寒い日と雨が続き、早く過ごしやすい気候にならないか心待ちにしていました。

15日を過ぎたあたりから、ようやく北海道らしい新緑の季節になりました。

 

ちょうど家のセントラルヒーティングもこの時期に終了するので、室内の乾燥を気にせずに済むなと安心しました。

しかし、これが落とし穴でした・・・。

 

加湿器をしまって数日後に喉がイガイガしてきた

加湿器をしまってから数日はなんともなかったのです。

しかし、それで気が抜けたというわけではないのですが、日曜日も終わる頃にちょっと異変を感じました。

なんとなく喉がイガイガしてきたのです。

痰が絡むほどの違和感ではないのですが、大抵こうなると風邪を引くのが最近のパターン。

 

今回も多分ダウンするだろうなと思いながら早めに布団に入ったのですが、翌日眼が覚めると完全に喉がやられ、頭がぼーっとしてしまいました。

完全に風邪をひいてしまいました。

こうなると最低2〜3日はパーになります。

 

北海道で暮らすには乾燥に気を使わないといけないと悟った(個人の意見です)

今回の原因ははっきりしています。

喉をやられてということは室内が乾燥していたことに他なりません。

暖房が止まったから大丈夫だろうと油断していたのですが、それでも道内の住宅は断熱などがしっかりしているため、乾燥しやすいようです。

 

本州に住んでいることなどは滅多に風邪を引くなんてことはありませんでした。

でも、北海道に移住してからは少なくとも年2回は風邪でダウンしてしまっております。

 

普通は北海道の方は東京などより空気が綺麗なはずなのですが・・・。

湿度については完全に落とし穴でした。

(あくまで室内ですが)

 

北海道はジメッとしていなくていいなと思っていたのですが、室内の乾燥には全く気を使っていませんでした・・・。

 

まあ、もしかしたらこれは自分が歳をとって弱っただけかもしれませんが、道内で暮らすのであれば普段以上に乾燥に気をつけないといけないと実感しました。

それを悟るまでに約2年かかっっていますけど(笑)

 

もう加湿専用ではなく、加湿機能がついた空気清浄機を買って年中運転してもいいかもしれません。

 

風邪をひいたら栄養補給

風邪をひいてしまったら、早く治すために薬を飲んで睡眠をたっぷりとる。

そして栄養を取らないといけませんね。

セイコーマートのメロンゼリー。

やはりこれ、たまに食べると美味しいですわ。

お土産で人気の堀のピュアメロンゼリーもいいですけど、こちらは120円でたっぷりですから、かなりお得です。

 

こちらは、今日スーパーに行った時に買ってみたもの。

江別にある「ベイクド・アルル」というお店のクッキーシュー

まだ食べていないですが、期待できます。

(私は知らなかったのですが、江別では結構有名らしいです)

 

<おまけ>

創成川沿いを散歩した時のもの。

安田侃さんのオブジェがいい味出していますね。

5月はライラックが咲いており、いい感じです。

川の水もきれいです。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。