男ひとり40過ぎて新たなステージを求め札幌へ移住。移住までの軌跡、移住後の生活、北海道グルメ、道内の観光スポットなどを中心に、北海道に関わる話題・情報を貪欲に集めて書いています。なぜかダイエットのことまで盛り込んでいます!

透明なノンアルコールビールが発売されて疑問に思ったこと

 

今回も少し前に話題になったことについて。

最近、無色透明な飲み物がブームになっていますね。

少し前から「い・ろ・は・す」がフレーバー入りの飲み物を多く出すようになりました。

あれ実際に飲んでみると本当にジュースを飲んでいるのも変わらない味でびっくりです。

 

別に無理して透明にする必要もないなと思ってしまうのですが、不思議なものですね。

そして、とうとうこんなものまで登場してしまいました!

 

会社で堂々と仕事中にビールが飲める日が来るとは思ってもいなかった!

 

ビールは黄金色をしているという概念を覆して見せたサントリー

その商品というのは、透明なノンアルコールビール。

サントリーで今までの常識を覆す新商品が発売しました!

 

透明なビール?

ビールといえば、あの黄金色に輝き、その上にきめ細かい泡があってこそ!

(一部黒ビールの例外はありますが)

 

それを思い切って透明に!

さすが「やってみなはれ」精神が根付いたサントリーです!

 

まさかビールを透明にするとは。

 

ちなみに個人的には、どうもノンアルコールビールというのは好きになれません。

ビールはアルコールが入ってるからこそ美味いもの!

それをわざわざアルコールがない状態で飲むなんて、そこまでしてビールを飲みたいのかと思ってしまいます。

一度だけ試しに飲んでみたことはありますが、やはり好きになれませんでした!

 

ただ、聞いた話によると、ノンアルコールビールは特に50代以上の世代によく売れてるのだそうです。

アルコールがなくとも、ビールの味わいを楽しみたいということなのですね。

 

透明なノンアルコールビールを作ったのは仕事中に堂々と飲めるようにしたかったから

サントリーの透明なノンアルコールビール「オールフリー」の商品発表会の模様がテレビで流れているのをみました。

その中で商品開発者がこれを作った理由というのが意外なものでした。

 

『せっかくノンアルコールなので、仕事中でも普通に飲んでもらいたい。

でも今までの缶タイプだと、デザインはビールっぽい!

ノンアルコールだとわかっていても、やはり気がひけるもの。

それならばペットボトルにして透明にすれば気にせず飲めるぞ!』

 

という理由だそうです。

 

当然経営陣からは、当初総スカンを食らったそうですが、粘り強く説明し口説き落としたそうです。

 

2018年6月に発売されていますが、果たして目論見通り売れて、オフィスで飲む光景が見られるのか。

今の所、あまりそういう声は聞こえてきませんね。

 

でも、ノンアルコールとはいえ、飲んでしまうと仕事する気なくしそうな気がします。

 

ところでノンアルコールビールって子どもが飲んでもOKなのか?

ノンアルコールビールといえば、ずっと気になっていたことが1つあります。

それは子どもが飲んでもいいものなのか?

 

ノンアルコールビールは確実にアルコール0%なので、基本的には飲んでもおかしくないはずです。

酒粕で作った甘酒は、多少アルコールを含んでいるのに平気で子どもが飲んでいるぐらいですから。

 

これについて明確な回答はないものかと調べてみたら、サントリーのホームページに回答がありました。

(多分、他メーカーも同じようにあると思います)

 

『オールフリー』を子どもが飲んでも大丈夫ですか?

あくまで当製品は20歳以上の方の飲用を想定して開発しています。
法律上問題はありませんが、ビールテイスト飲料のため、本物のビールや各種アルコール類へ誘引するきっかけとなる恐れもあるため、おすすめいたしません。

サントリーお客様センターのページより引用>

 

ということだそうです。

飲んでも害はなく法律違反でもありません。

ただし、そこから飲酒の引き金になる恐れがあるのでお勧めしていないということですね。

 

確かにコンビニやスーパーでもノンアルコール飲料はお酒のコーナーにおいてありますね。

一応、未成年は買えないようにしてあるようです。

 

でも、子どもがノンアルコールビールを飲んでも美味しいと思わないでしょう。

まあ、カッコつけや大人の真似事をしたいマセガキが飲んでみたいと思うかもしれませんが・・・

実際に飲んでみたら、まずくて飲みたいと思わなくなるでしょうね。

 

それでも、サントリーもなかなかチャレンジしますね。

やはり創業者の鳥井信治郎の精神がいまでも生きているということでしょう!

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。