アラフォー独身男が北海道へ移住を決めたきっかけ、移住の記録、移住後の生活、その他プライベートなことについて述べております。

北海道に移住してからの普段の食事について

移住してから2週間ほど経過しました。

いろいろなところに行って楽しみたいなあと思うのですが、さすがにそうそう毎日行けるものでもなく、実際のところは家にいることが多く、普段の買い物も近くのスーパーやコンビニに行くぐらいです。

時々、すすきのや駅近辺に用事があり、出かけることもあるのですが、今の所はちょっと買い物を済ませて家に戻ることがほとんどですね。もう少し慣れればいろいろな店に行ってみたいのですが、もう少し落ち着いてからかなと思っています。

 

さて、札幌に住むようになってからどんな食事をしているかというと、基本的には都内にいた時とほとんど変わっていないのですが、違う部分もあったりします。

 

まずは主食のお米。

最近は北海道米の品質が上がっているせいか、店に置いてあるお米がほとんど道産のものですね。道外のものも新潟や山形、宮城など、それほど離れていない地域のものを扱っているようです。もっとちゃんと探せばあるのでしょうが、パッと見た感想なので参考程度で。

都内に住んでいたときも北海道米は結構揃っていましたが、その時はよくななつぼしを買っていました。

 

こちらに来た際に購入したのはこちらです。

thumb_IMG_0926_1024

ふっくりんこです。2kgで1,000円ぐらいでした。

実際に炊いてみたら、これが美味しかったです。今まで食べていたお米はなんだったんだという感じです。

 

お米については、5kgを選べば、結構安く購入できますので、これは助かりますね。

 

次に野菜類ですが、これは北海道産のものがほとんどです。そんなに買っていないので比較はできませんが、プチトマトは甘みがあり美味しかったです。

値段は都内にいた時と同じぐらいですね。

 

肉類も動産のものばかりですが、安いものの中には輸入物もありました。そしてジンギスカンの本場ということもあり、ジンギスカンの種類は豊富にあります。まだ買っていないのですが、今度購入して味見してみたいですね。

 

魚類は周りの海でよく取れるせいか、今の時期はニシンとカレイがよく売られています。特にニシンは100円ぐらいで買えるので、お得です。

cdca6d89153b3bd59b1e3109f7122b1f_s

(これはイメージです)

それ以外のお魚は、都内とあまりかわりません。鮭もまだ時期ではないのでしょう、チリ産やロシア産のものが主流でした(もちろん北海道さんもありましたがちょっとお高いかな)。

 

あと、意外と美味しいのがパンです。しかも安い!

時々、ススキノ近辺に行った帰りに、ラフィラ(あのニッカの看板がある向かいにあるビル、昔のロビンソン百貨店)の地下に入っているイトーヨーカドーで買い物をすることが多いのですが、そこで売っているパンがお気に入りです。

thumb_IMG_0925_1024

パンのコーナーの棚に大手のパンと一緒に売っています。

ラベルを見ると株式会社ボストンと書いてありました。調べてみたらボストンベイクというパン屋さんで、札幌では昔から親しまれており、惣菜パンが安く買えることで有名です。

 

確かに、その安さもすごいのですが、ここのパンは味がいいのです。ソフトフランスパンはふわふわしていながら、小麦の甘さがしっかりと口に感じることができ、何もつけずに食べることができます。

個人的に一番好きなのが左下に写っているウォルナッツブレット、ナッツがカリッとして食感が良く、そしてパン生地が甘く、程よくしっとりとしており、これで100円はびっくりです。

 

昔、何かの本で札幌のパンは美味しいと書いてあったのを見たことがあったのですが、これを食べたら、それを実感することができました。

まだヨーカドーに売られているものしか見たことがないのですが、店舗がいくつかあるようなので、今度立ち寄ってみるつもりです。

 

あと、お惣菜で結構きになるものがあったりしたのですが、まだ買ったこともないものがあったりするので、また別の機会にレビューします。

 

では、また次回。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。