【挫折した移住計画2013】(その8)迷い〜移住する気持ちが遠のいてきた


前回、面接が決まり、かすかに光が見えてきたことですが、タイトル見てお分かりの通り、ふたたびネガティブ全開です(笑)

さて、当時の心境はどうだったのか、こんなブログをアップしていました。

 

<2013年5月1日エントリー>

さて、前回は応募企業に書類を送ったところまで書きましたが、その後、面接をしたいと返事があり、先週、東京の事務所へ行きました。今は結果まちですが、手ごたえはあったのではと思っております。

しかし、いろいろと求職活動をしていると、自分がやってみたい仕事というのはどうも東京に集まっており、ありがたいことに、この年になってスカウトもいただいております。

前回面接へ行った企業も、仕事としてはあまり魅力がないというのが正直なところで、他にも探しているのですが、どうもピンと来るものがありません。

そのためか、ここにきてやはり仕事内容で活動をしようという気持ちに傾きつつあります。これから少なくとも働き続けなければいけませんし、生活する中で仕事をしている時間も長いですので、やはりその点で妥協したくない気持ちが強くなりました。

北海道へは休みのときやそれこそ週末を使って行くことだってできるし(資金のゆとりがあればという前提ですが…)、移住も先の楽しみにしてもいいのでは等々、心が揺らいできました。

現在のところ、北海道の企業と都内の企業に応募をしているのですが、またGWの休みが入りますので、ここでまたじっくり考えてみようと思います。

<ここまで>

 

そう、ここで1社目の面接を終え、ホッとしたところで、他にもスカウトがあり、それが結構面白そうな内容だったので、こちらも捨てがたいなと心が揺らいできたのです。

 

当時の仕事もコールセンターに関わる業務で、うんざりしていた頃です。

北海道でコールセンターの仕事をするよりは都内に残って別の仕事を探した方がマシだと思うぐらい、コールセンターの仕事が嫌いだったのです。

さらに活動は進み、次にこんなブログを更新していました。

 

<2013年5月8日エントリー>

前回の移住計画のエントリで、仕事内容に魅力を奪われ気持ちが傾きつつあるということを書きました。

その後、北海道の企業から1次面接を通過したという連絡を貰い2次面接を札幌でということになったのですが、ここにきて調整に手間取り回答を保留中です。

一方、仕事内容に興味を持った都内の企業からも書類審査が通り面接をしましょうと連絡があり、来週訪問することになっております。

正直なところ、都内の企業で面接を受けてからということになるのですが、手ごたえを感じたら、このままここに入りたいなという気持ちが強くなっており、移住については気持ちが遠のいてきてしまいました。

当初あれほど移住にこだわっていたにも関わらず、ここにきてこの心変わり…、自分でもどのように弁明をすればよいか迷うのですが、、、理想と現実はなかなか一致しないものだなあとつくづく感じております。

この後、どのようになるかはまだなんともいえませんが、北海道を愛する気持ちになんら変わりはありません。
幸い、道内に両親も親戚もおりますので、今後、北海道へ行く機会も増えるでしょう(と勝手に思っています)。今年中に両親の家にPCの設定もしにいかなければいけませんし(笑)

ともかく、今の停滞した状態から抜け出すのもあと少しです、どのような結果になっても転職することには変わりありませんので、もう一息です。

<ここまで>

 

必死に自分を正当化しようと言い聞かせていますね(笑)

 

とにかく、当時の仕事をやめたかったという気持ちの方が強かったですね。

道内の求人もほとんどない状況で行き詰まっていたということもありますが。

 

これさえうまくいけば、新たな道に進めるという希望もありました。

でも事は、そう簡単に進みませんでした。

 

続く

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。