男ひとり、40すぎて新たなステージを求め札幌へ移住。移住までの軌跡、移住後の生活、北海道グルメ、道内の観光スポットなどについて書いているブログです。

移住先に北海道を選んだ理由

気づいたら3月も終わり、4月になろうとしていますね。

予定している移住まで、あと2ヶ月となりました。

 

現在住んでいるマンションの解約届を出したり、なるべく費用をかけずに引越しをするため、身の回りの不用品を処分したりと準備を進めています。

 

ところで、一番肝心なことについて、まだ明確に触れていませんでした。

移住先をなぜ北海道にしたのか?

 

移住するなら、他の地域の方が人気があったりします。

北海道は観光に行くのはいいけれど、冬は雪が降り極寒なので、住むのは大変ではないのと思われるでしょう。

 

初回のエントリーでも少し触れたのですが、今回、改めて移住先を選んだ理由について述べたいと思います。

 

1.馴染みのある場所である

一番大きな理由は、やはりこのことに落ち着きますね。

 

両親が元々北海道出身で、自分自身が生まれた場所であり親類も多く、頻繁に足を運んでいる場所でもあります。

ずっと暮らしてきた埼玉、東京に次いで土地勘もありますので、違和感なく暮らせそうというのも大きいです。

(実際には北海道にいる両親のこともあり、近場に移ろうという現実的な理由もあります)

 

何も知らない場所へ飛び込んで開拓するのもいいなと思いましたが、まずは落ち着きや癒しを求めていたこともあり、自然と北海道を選択していました。

 

2.消極的でもやっていけそう

これは多少誤解を招いてしまうかもしれませんが、自分が何も関わりのない場所で馴染めるかどうかという点です。

 

正直、私自身、人見知りするため、自ら積極的に話しかけることが苦手です。

実は学生時代まではそんなことはなかったのですが、歳を重ねるにつれ、人の嫌な部分を見ることが多くなったせいか、苦手意識が強くなってきました。

 

実は、北海道以外にも候補に挙げていた地域はあったのですが、田舎に行くほど、コミュニティに受け入れてもらうのが難しいケースもあり、積極性に欠ける自分の性格では、そこで暮らしていくのは難しいだろうと思われます。

 

一方、北海道は上記で挙げた通り、馴染みのある場所でもあり、また明治以降に開拓され、様々な地域から人が集まっているという背景もあり、外から来た人に対して寛容的なところがあります。

(一般的にそう言われていますが、実際のところは飛び込んでみないとわかりませんけどね)

 

そのような理由から、他の地域に比べて自分が馴染みやすいのではと思いました。

 

3.自然環境が自分に合っている

これはもう感覚的なものです。

 

初回のエントリーでも触れましたが、学生時代の道内周遊の旅で道内の環境が心地よいと無意識に感じたことから、北海道での生活が自分に合っていると思いました。

 

北海道は梅雨もほとんどなく、夏は暑いものの湿度はそれほど高くなく、ジメジメした気候が苦手な私にとては嬉しい限りです。

また、花粉も少ないらしく、20年以上花粉症に苦しめられている身にとっては天国です。

まあ、冬の厳しさはありますが、それを含めてもメリットの方が大きいです。

 

あとは、長年都内に住んでいて、人の多さに疲れてしまったというのもあります。

特に会社勤めをしていた時の満員電車は地獄そのものです。

そして、どこへ行っても、道を歩いていても、人・人・人!

休日に買い物に出かけた際も人ばかり、休憩にコーヒーでも飲もうと喫茶店などを探しても、どこも満員です。

その賑やかさがいいという人もいるでしょうが、個人的にはダメになってしまいました。

 

某イケヤハさんが声高らかに叫んでいる「まだ東京で消耗しているの」みたいに煽るつもりはありませんが、そろそろ限界です。

 

 

以上が理由になりますが、結局のところ具体的なものではなく、感覚的なものですね。

でも、まあそんなものなのだろうと思います。

 

経済的な事、家庭の事情については、深いところまでは考えておりません。

それも考えてしまうとキリがありませんので。

 

また、移住する事に対してのメリット、デメリットも人それぞれです。

私の場合は北海道が好きで移住するんだ〜、ぐらいに思っていただければいいかなと。

 

移住まであともう少しですが、今の時点では現実味がわかないです。

多分、来月住まいを決めた時にじわじわっとくるのかなと思います。

 

それまでこちらでやり残したことを片付けてしまいましょう!

遊びも含めて(笑)

 

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。