100g100円で食べるザンギ(から揚げ)


ジム通いを再開して1ヶ月、2日に1度のペースでつづけていますが、少し疲労が蓄積されたようで、木・金と家であまり動けず(と言っても寝込んでいたわけではないのですが)、いつもの作業が滞ってしまい、ブログの更新もできませんでした。

世間がお盆というわけではありませんが、少しは体を休めないといけないと思い、今日までは休み、少し回復してきました。

また明日から少しずつペースを見測りながら頑張ろう!

 

さて、ここ数日はお盆とは無縁で実家にも戻らず、自宅でいつもと変わら過ごしています。

本州を中心に連日、猛暑が続いており、北海道も例外ではなく30度を超える日が続いております。

それでも本州にいた頃に比べれば、暑さにやられてだるくなるような状態にまでは陥りませんし、夜は気温が下がるので、暑苦しくなく比較的過ごしやすく、その点は良かったなあと思っております。

今のところ、冷房用の家電も買う必要はなく、なんとか乗り越えらえそうです。

 

スパークリングワイン自作再チャレンジ

さて前回、スパークリングワインを自作した記事をアップし、思ったような成果が得られなかったため、今度は炭酸水ではなくサイダーで試したらどうなるか実験をしてみました。

北海道でサイダーといえば、リボンシトロンを使いたかったのですが、こういう時に限ってどこにも売っておらず、今回は三ツ矢サイダー(ゼロカロリー)を使いました。

thumb_IMG_1053_1024

同じように、1:1の割合から始めてみました。

最近のサイダーは炭酸が強いのか、私が炭酸に弱くなったのかわかりませんが、やはり炭酸が強く、しかもサイダーの甘みも勝り、ワインの味が殺されてしまいました

 

その後も色々な割合で試したのですが、サイダーの甘みと赤ワインの相性はよろしくありませんでした。

スパーククリングワインを自作する場合は、ワイン自体が甘くないと(つまりぶどうそのものの甘さを生かす)うまくいかないという結論に達しました。

 

これなら無理してスパークリングにする必要はなく、そのまま味わうのが良いですね。

もともとはダイエット対策と飲み過ぎを防ぐための対策として試したのですが、やはり口に合わないと効果はないので、グラス1〜2杯でじっくり味わう方がよほど良いですね。

どうしてもスパークリングワインを作るのであれば、赤玉ポートレートやロゼワインを使うのが良いです。

 

100g100円でザンギを買って家で味わう

さて話は変わり、一人で暮らしていると、どうしても料理を自炊すると言ってもお惣菜に頼ることが多いですね。

その中でも、北海道に来てから、お惣菜で買うザンギ(から揚げ)の安さに嬉しくなり、ダイエットにあまり良くないとわかっていても、ついつい買ってしまいます。

(ザンギについてはこちらの記事で詳しく語っておりますので、参考にしてください)

thumb_IMG_1054_1024

 

私が良く買っているのが「持ち帰り専門店炎」、ここのザンギが本当に美味しいです!

それが、100g100円はかなりお得です、普通にスーパーで生肉を買うよりも安くお得で、しかも専門店で調理したものをそのまま食べられるのですから、これはいいです。

ただ、家の近くにないのが残念で、中心街に出かけた時に買って帰ることが殆どです。それでも札幌でザンギを買うのであれば、今のところ、ここ以外では買っていません(食べ過ぎを防げるので、まあいいかと思っていますwww)。

 

今日はザンギとボストンベイクのカンパニータマゴハムを買って、家でのんびりと夜ご飯を食べました。

thumb_IMG_1055_1024

明日用のパンも買っておいたので、ゆっくり楽しみます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。