男ひとり、40すぎて新たなステージを求め札幌へ移住。移住までの軌跡、移住後の生活、北海道グルメ、道内の観光スポットなどを中心に、いろいろと書いているブログです。

北海道に台風7号がやってきた

なんと北海道に台風が上陸したのは実に9年ぶりなのだとか。

台風というと、沖縄、九州をに集中して上陸することが多く、東日本地域は1年に1回か2回上陸することがあるかどうかでしたが、その時に北海道もかすめていると思い込んでいたので、9年ぶりと聞いて、やはり北海道は台風と無縁だったのだなと改めて思いました。

台風7号1

 

まさか、自分が移住してきた年にいきなり台風の直撃を受けるとは、どういう運命の巡り合わせなのか。

これがいいことなのか、そうでないのかは、考えるとちょっと怖いですね・・・。

 

実際に上陸した当日は、道内では色々と警報が出て、私が住んでいる地域にも避難準備が発令されました。

土砂崩れの恐れがあるということでした。

052791b9c42b35747dac2cf6c150f7d8_s

(イメージ)

 

まあ、私もついこの間までは本州に住んでおり、台風の直撃は毎年の恒例行事みたいなものでしたので、そんなに大騒ぎするほどではないなと思っていたのですが、まさかそんな警報が出るとは思ってもいませんでした。

 

よく考えてみれば、周りは山に囲まれているので、確かに土砂崩れの可能性は否めませんのですが、実際の天気はといえば、雨風は確かにすごかったのですが、それほどの強さとは思わなかったため、特に避難の必要なないだろうなとのんびり構えていました。

実際に、周りの家々でも避難するよな動きは一切見えませんでした・・・。

 

多分大騒ぎしていたのは市役所などの役所関係だけでしょうね。

まあ、滅多に来るものではないため、そうなるのも無理はないですね。

 

実際、一時的に風が強い以外はたいしたことなく(あくまでも個人的な感覚)、気づいてらおさまっていました。

テレビでも早い段階で温帯低気圧になったようですね。

 

以上は、札幌での話でした。想定よりもたいしたことがなく一安心ですね。

 

後でニュースを見て知ったのですが、実際に台風が上陸したのは、道内でも東側の地域で、そちらの方はかなり酷い状況になっていたようですね。

映像では冠水している地域も多くあるようで、こりゃ大変だなあと感じました。

febf6177d03f98535d68363f8e020883_s

(イメージ)

1度上陸するだけでも大きな傷跡を残していく台風、北海道にくる頃はある程度勢力は弱まっているはずなのですが、それでも屋根が吹き飛んだりしている建物もありましたので、自然の脅威はなんとも恐ろしいですね。

 

幸い、札幌近郊は直撃を避けられたので、これで済んで良かったのかもしれませんね。

 

もう、これで台風は来ないでほしいですが、まだまだ何があるかわかりません。

今年は気象を始め、いろいろと想定外のことが多く起きている年ですので、この先も油断ができませんね。

兎にも角にも平穏に過ぎてくれることを祈るのみです。

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。