男ひとり、40すぎて新たなステージを求め札幌へ移住。移住までの軌跡、移住後の生活、北海道グルメ、道内の観光スポットなどについて書いているブログです。

地下鉄の車内に鏡が

最近更新が滞ってしまいました。

最近、珍しくいろいろとやることが多い日が続いており、ブログの方がなかなか手をつけられませんでした。

こりゃいかんいかんと思いながらも、一度怠け癖がつくとダメですね・・・。

 

と、反省しつつ久々に更新します。

 

今回は普段利用している札幌の地下鉄で気づいたことを触れようかと思います。

 

気づいたら車内に鏡が

地下鉄については、以前、移動手段と料金体系について当ブログでも触れたことがあります。

その時はメリットを色々と連ねたのですが、やはり運賃は少し高いなあと感じますね。

運営が厳しいのはわかるのですが、もう少し安くなれば行動の幅が広がるのになあと思ってしまいます。

 

まあ、不満はあるものの移動の足として頻繁に使っている札幌の地下鉄、ある時何気なく車内を見ていたら、鏡があるなあと思いました。

unadjustednonraw_thumb_bea

 

もちろん、以前から鏡があることは目にしているので気づいてはいたのですが、なぜか今回は急に気になってしまい頭から離れなくなりました。

 

都内に住んでいた時には山手線(JR)にも銀座線(東京メトロ)などに何度も乗車していますが、鏡を見た記憶はありません。

b5d2a76de7abe755df12cb7bb135046e_s

f797e3450ac5cb5841460dd68f6ea985_s

 

謎は深まります。

 

昔だったら、鉄道に詳しい人や、職員さんに聞かないと分からなかったのでしょうが、今ではネットでググったり、知恵袋を見れば、丁寧に説明されているので、今回ももちろんググりました(笑)

 

で、その結果は・・・、どうもはっきりしたサイトがありませんでした(笑)

 

調べてみると、他にも車内に鏡をつけている鉄道会社があり、その辺がヒントになりそうです。

 

他鉄道会社のケース

札幌市営地下鉄以外で車内に鏡を設置しているのは、名古屋市営地下鉄、新京成電鉄(千葉)、相模鉄道(神奈川)などで設置しております。

有名なのは名古屋市営地下鉄で、名古屋では鏡があるのが当たり前のようです。

49752a318b796698ff3f69650b465453_s

 

相鉄では昭和30年ごろ、買い物などで横浜へ出かける人が多くなり、乗客も年々増加していました。混雑する車内で、髪形や服装が乱れることもあり車内に鏡があれば便利という意見が出て取り付けられたそうです。しかし、最近の車両には鏡がないそうです。

 

新京成では鏡を見ることで広告に目がいくだろうと考えて設置されたものだそうです。また副次的に、痴漢防止の効果もあると考えているそうです。

 

名古屋市営地下鉄では新京成と同じく、広告に目が行くこと出すで、そのアイデアのきっかけは銭湯の鏡に広告が貼られているのに目をつけたそうです。また、地下鉄では車窓はトンネルの壁ばかりなので、鏡があれば車内の圧迫感が多少なりとも薄れる効果も期待されていました。また髪形や服装が乱れを直すのに便利という理由もあるそうです。

 

結局、本当の理由はなんなのだろう・・・

なるほど、身だしなみを治すというのが一番ありえそうな理由ですね。

 

あるテレビで、エレベーターの扉の横に鏡を設置しておくと、待っている人の感覚は何もない時より短く感じると云う検証した番組がありました。

鏡があるとつい、覗いて自分の身だしなみを整えたりして、待ったりぼーっとしていることから意識がそれるので時間が短く感じます。

その結果イライラ度が減り、利用者の満足度が上がるそうです。

もしかすると地下鉄も単調な車内から意識をそらすための効果を狙っているのかもしれませんね。

 

d210a2a566ab463fd3db2800ba5032f1_s

しかし、今のところちゃんとした理由はわからないままです・・・。

何かの機会に駅員さんか誰かに聞いて見ないとわからないですね。暇そうな時確認してみようかな。

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。