アラフォー独身男が北海道へ移住を決めたきっかけ、移住の記録、移住後の生活、その他プライベートなことについて述べております。

気になっていた焼きたてパンの店「DONGURI」

前回レポートしたさっぽろ雪まつりも大盛況のうち終了し、いつもの日常に戻りました。

私自身も日常に戻り、いつも通りの暮らしをしています。

 

そういえば、明日(2月19日)より冬季アジア大会が開催されるわけですが、やはり盛り上がりには欠けています。

テレビなどのメディアでも、それほど積極的に取り上げているわけでもないので、関心が向かないというのもあるでしょうね。

 

さて、今回は久々に時間ができたので、気になっていたお店へ行くことにしました。

 

その前に腹ごしらえのラーメンを

目的の店に行く前に、ちょうどお昼時でお腹も空いていたので、久々にラーメン店へ向かいました。

 

駅近辺だと、やはり「札幌ら〜めん共和国」で食べるのが無難なので、迷うことなく向かいました。

(以前紹介したあじさいもここにあります。)

 

今回はなんども足を運んでいる白樺山荘へ。

(以前食べた時に写真をとっていると思っていたのですが、全然とっていませんでした・・・)

 

ここではほとんど味噌ラーメンを食べているのですが、たまには別のものをと思い今回は正油ラーメンを注文しました。

 

見た目は濃い色をしており、表面には脂が浮いておりますね。

 

実際に口にすると、思ったよりあっさりしており、若干物足りないような気がしたのですが、食べ進めるうちに麺の味が伝わり、結構美味しく食べることができました。

正油のスープもいわゆる醤油豚骨のこってりしたものではなく、あっさりしたものです。

 

味噌ラーメンを食べたことがある方はご存知だと思うのですが、ここの味噌ラーメンは結構味が濃く、こってりしているのですが、そのイメージで正油ラーメンを注文するとがっかりするかもしれません。

白樺山荘では味噌と正油は別物と考えた方が良いです。

(使っている麺は同じものですが)

 

いよいよ目的の焼きたてパンの店へ

ラーメンを食べ終わり、少し時間を潰した後、いよいよ目的の店へ向かいました。

 

今回行く店は、店の前を通るたびに気になっていたのですが、なかなかタイミングが合わず買うことができなかったのですが、ようやく買うことができました。

 

今回行く店は、焼きたてパンの店「DONGURI(どんぐり)」です。

 

札幌には昔からある有名な店のようで、あのちくわパンを生み出したお店として知られております。

市内に何店舗かありますが、私が立ち寄ったのは大通にある店舗です。

 

店内の様子を撮影することはさすがにできませんので、様子をお見せすることはできませんが、店内は結構賑わっておりました。

(ホームページ内に店内写真あり)

こちらのお店にはイートインスペースもあり、結構埋まっておりました。

 

お客さんは、女性客がほとんどで、男性は私と夫婦で来ているおじさんぐらいでした(笑)

かといって、別に引け目を感じることはなくスムーズに品物を選ぶことができました。

(そりゃ、パン屋ですからね)

 

パンの品揃えは、詳しくはホームページをご覧いただければと思いますが、意外とお菓子系統(ドーナツなど)の商品が多いような気がしました。

それ以外は調理パンも結構種類があり、ボリュームがありそうなものが多く、男性にも好まれそうなものが多いと思われます。

 

今回は、個人的に食べたいものだけを少し選んで買って帰りました。

ビニールから取り出すと大変なので、ここままでご勘弁ください。

どれがどのパンかはこちらのレシートでどうぞ(笑)

 

塩パンとガーリックフランスが楽しみです。

あとは、甘いものは控えないとと思いながらも、チーズタルトは好物なのでついつい買ってしまいました。

 

お値段は標準的な価格なのでしょうか。

以前紹介したボストンベイクと比べると高めですね。

 

このブログを書いている時点では、まだ食べていないのですが、まあ間違いなく美味しいでしょう。

 

次回寄った時はちくわパンを買わないといけませんね!

 

おまけ

久々に美味しいコーヒーも飲みたくなったので、こちらのお店にも寄ってきました。

 

札幌にもKALDI(カルディ)はあるのですよ。

土曜日ということもあり、結構賑わっていましたね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。