東直己のヒット作「探偵はバーにいる」の原作を読んだ感想

北海道生活

東直己の「ライダー定食」を読んでトラウマになりかけた話」で東の初期作品を取り上げたのですが、こちらはあまりにもレアな内容でした。

東直己といえば、やはりヒット作である「探偵はバーにいる」が有名です。

こちらも何年か前に実際に読んだことがあり、確かにハードボイルドな作品でした。

今回は当時読んだ感想を思い出しながら振り返ってみたいと思います。

 

スポンサーリンク

東直己の「探偵はバーにいる」のレビュー(感想)

「探偵はバーにいる」は大泉洋さんの主演で映画化されているので、結構知られた作品かもしれません。

札幌はすすきのが舞台なので、どんな話になるのか興味がありました。

実はまだ映画版は見たことがなく、どのようなのストーリーなのかは知りません。

大泉さんに対する勝手なイメージから、コミカルなものかなと想像していました。

個人的には、まずは原作を確かめる派なので、まずは小説から読んでみました。

 

手にしたのは「ススキノ探偵シリーズ」の第一弾「探偵はバーにいる」です。

主人公である「俺」はどう考えても大泉洋さんと結びつかないようなハードボイルドな人物です。

結構無口で、人を見下す面があり、近寄りがたいように描かれております。

主人公「俺」の独特な語り口、通常は第3者的な語り口になるものですが、あくまでも「俺」の視点からみたありのままの姿、景色、人を、感情そのままに書かれてます。

それでいて状況描写はわかりやすく、混乱することはありません。

そして、次々にめまぐるしく変わる展開、そして思ってもいなかった結末がまっていました。

ストーリーは探偵や推理小説によくある、ありきたりの展開ではないので、新鮮なものを求めている読者なら楽しめるでしょう。

私自身も映画化云々関係なく、面白く読めました。

 

1つ気になったのは、主人公である「俺」のパーソナリティーの位置づけがあまりはっきりせず、中途半端な感じはしました。

作者も1作目の段階では「俺」の位置づけに迷ってたのかもしれません。

次のシリーズを読んでみれば「俺」が何者なのかが見えてくるのかもしれません。

1作目を読んでからだいぶ立っているのですが、次回作を入手して読んでみたいです。

 

ススキノ探偵シリーズは現在、以下のラインナップが発刊されています。

  • 探偵はバーにいる
  • バーにかかってきた電話
  • 消えた少年
  • 向う端にすわった男
  • 探偵はひとりぼっち
  • 探偵は吹雪の果てに
  • 駆けてきた少女
  • ライト・グッドバイ
  • 探偵、暁に走る
  • 旧友は春に帰る
  • 半端者 -はんぱもん-
  • 猫は忘れない

 

スポンサーリンク

 

映画版は「探偵はBARにいる」

このシリーズは原作小説よりも映画の方が有名になってしまってるかもしれません。

ちなみに映画版だとタイトルが「BAR」になっており、原作と区別しております。

 

現在まで映画版は3作作られております。

私はまだみたことがないので、感想は述べられませんが、原作版から推測するに、かなりハードな展開になっていることでしょう。

大泉洋さんも、バラエティで見せる顔とは全く違うものになっているはず。

(まあ、演技力には定評もありますし)

 

3作ともDVD化されておりますので、購入したりレンタルでみることも可能です。

 

配信では、amazonプライムビデオでレンタル配信されております。

1作目と2作目は有料。

3作目はamazonプライム会員なら無料です。

 

「探偵はBARにいる」の配信はこちら

「探偵はBARにいる2」の配信はこちら

「探偵はBARにいる3」の配信はこちら

 

興味があれば、ぜひご覧ください。

 

【関連記事】:東直己の「ライダー定食」を読んでトラウマになりかけた話