ミニマリストだからって無理して部屋をオシャレにする必要はない理由とは

ミニマリスト&シンプルライフ

前回の「持ち物を減らすためにバックパッカーを参考にしてみる」の記事で、自分が目指すミニマリストのスタイルがわかり、何をして何をしなくて良いのかというのが明確になりました。

私はとにかく身軽になって、場所にあまり依存せず、色々と動き回りたいタイプです。

 

そんな私がミニマリストとして、今後は、

  • やること:
    必要最低限の物で暮らせるよう、さらに物を減らす
  • やらないこと:
    居心地の良く、見た目が洒落た部屋を作る

これで十分だとわかりました。

 

今後は無理して部屋を整理整頓したりインテリアにこだわるのは止めることにしました。

今回はその辺の話を少し掘り下げてみました。

 

スポンサーリンク

ミニマリストだからと無理してオシャレでインスタ映えを目指す必要はない理由

このブログで、過去にも「ミニマリストにおしゃれな部屋や暮らし方は必要なのだろうか?」という記事で同じようなことを取り上げたことがあります。

この時は、単に自分の住んでいる部屋が和室で古いので、インテリア雑誌やインスタ映えするようなオシャレな部屋にできないなら、何もしないほうがいいという感じでまとめました。

 

仮に私がとにかく家にいるのが好きで、外にあまり出たくない人間であれば、住み心地の良い部屋を作るために費用をかけて色々と手を加えていることでしょう。

ただ、元が古いといくら頑張ったところで限界があります。

 

他のミニマリストさんの、白を基調としてオシャレでこじんまりとして、それでくつろげるような部屋を見るたび、実は羨望の眼差しで眺めていました。

そういう空間に憧れる人って多いので、私が住んでいるような小汚い古い部屋は見向きもされません。

ミニマリスト男性の和室インテリア6

(これでも頑張ったほうですが、やはり古さが滲み出ています・・・)

【関連記事】:ミニマリスト男性のリビングの和室インテリアを模様替えしました

 

でも、最初に述べたように、私が目指すミニマリストのライフスタイルというのが、荷物を必要最低限にして、身軽に動けるようになりたいのであれば、自分が住む部屋にこだわりなんて持つ必要はなかったのです。

ミニマリストにだって、色々なライフスタイルがあります。

私のスタイルは、部屋の見た目や住み心地にこだわる必要がなく、自分の中での優先度が低いので、インテリアにこだわることはやめることにしました。

 

スポンサーリンク

 

ミニマリストの私が目指す部屋は何もなくて良いかもしれない

ミニマリスト男性の和室インテリア1

【40代ミニマリスト男性】一人暮らしの部屋を全て公開します」の記事でも紹介しておりますが、現在住んでいる部屋は自分で言うのもなんですが、本当に荷物が少ないです。

いわゆるリビング(居間)座椅子しかなく、生活感を感じられません。

 

でも、私自身は別にこれで困っていると言うことは全くなく、ごく普通に暮らしています。

私の場合は、大した趣味もなく、それこそパソコン・スマホなどのガジェット、あとはネットがつながる環境があれば十分です。

暇な時はネットサーフィンしたり、動画をみていれば何時間でも時間を潰せます。

あとはご飯を食べて、トイレとシャワー(お風呂)、それに寝ることができれば、それで事足ります。

 

つまり、私が家で暮らすには、必要最低限の衣類、食料、家事道具、衛生品、冷蔵庫、洗濯機、電子レンジ、それにネット環境とパソコンなどガジェットがあれば十分です。

自分でも、生活をさらに見直せば、物をスリム化できるのではと思うようになり、さらにスリム化を進めていきたいです。

 

スポンサーリンク

 

近い将来は必要最低限の荷物で旅をしながら仕事がしたい

今回は自分が住んでいる部屋について、見栄えよくオシャレにする必要なんてないことを改めて考えてみました。

私にとっては、住んでいる部屋の見栄えや居心地は、優先順位が低いので、外の目を気にすることはやめて良いとハッキリ確信しました。

それよりも、もっと持ち物を減らして身軽になって動けるようになりたい!

1年中、国内国外問わずあちこち飛び回るバックパッカーのようになろうとまでは思いませんが、思い立ったら旅に出られるような身軽さは憧れます。

 

今現在は、なかなか思うように外に出れませんが、身の回りを整理したり、仕事が軌道に乗れば、時々外に出て動き回る生活をしたいです。