東京新大阪を新幹線で10分で走らせた動画が不思議とハマる

日常・雑記

普段は、あまりネタもののYouTube動画などを見ることはないのですが、珍しく面白いものを発見しました。

面白いというより、アイデアが個人的にどハマりしたと言った方が当てはまるでしょう。

現実ではあり得ないのですが、最近の技術ではそういうことを可能にさせてしまいます。

 

スポンサーリンク

新大阪から東京まで新幹線で10分で走ったらどうなるかを再現した動画が面白い

私が面白くてハマってしまったのがこの動画です。

 

新幹線で新大阪から東京までノンストップで10分で走ったらどうなるかとを再現しています。

再現と言っても、新大阪から東京まで走行した車窓を録画し、それを10分で再生できるよう編集したものです。

 

単にそれだけなのですが、実際の車窓から見える風景ってどんな風になるのだろうと興味があり、チラ見して見る感覚で再生しました。

そうしたら、思った以上にのめり込んでしまい、そのまま最後まで見てしまいました。

 

もし、これが現実だと、身体に大きなGがかかり、とてもじゃないですが耐えらえません。

でも、こういう非現実なものって、個人的になぜか面白く感じます。

しかも、ちゃんと0から加速して、東京にピタッと到着するよう静岡駅から減速をするという細かい編集もする徹底ぶりです。

 

スポンサーリンク

 

新大阪から東京まで10分で移動すると時速4,000kmオーバー!

新大阪から東京まで10分で移動しようとすると、新幹線を時速マッハ3以上の速度で走らせないといけません。

マッハは音速を基準にした単位です。

マッハ1は秒速約340m、時速にすると約1,225kmです!

 

この動画ではメーターも一緒に表示されているのですが、最高速度はマッハ3以上、時速にすると4,000kmオーバーです。

これって飛行機よりも早い速度が出ています。

 

かつて、世界最高速を誇った飛行機であるコンコルドは、最高速度が時速2,179kmです。

先ほどの動画に出ていた新幹線は、コンコルドの倍以上の速度が出ていることになります。

2027年に開業する中央新幹線(リニアモーターカー)ですら、500kmです。

現状、地上で安全に走らせることができる限界がこれですから、4,000km以上で走ることができるようになるのは、何百年後のことになるのでしょうね。

 

スポンサーリンク

 

大阪から東京を3分で飛ぶ動画もあるけどインパクトは弱い

新大阪から東京を10分で走らせる動画は、興味を持つ人とそうでない人とはっきり分かれそうです。

でも、こういうアイデアは結構面白いです。

むしろ、IT技術でこういう動画を編集できるというだけで、すごいことかもしれません。

 

ちなみに、今回の動画と投稿したユーザが飛行機で同じようなことをしたものも作っていました。

 

こちらは新幹線と比べると、あまりインパクトがなく、なんか拍子抜けしてしまいました。

まあ、再生されているのが空ばかりなので、スピードを体感しにくいというのもあるかもしれません。

 

今回、なぜこの動画がレコメンド(オススメ)で出てきたのかは謎ですが、探してみると、マニアックで面白い動画もありますね。

頻繁に見る必要はないですが、たまにはYouTubeも食わず嫌いをせず、面白いものを探し出すのも悪くないかなと感じました。