虹プロ(NiziU)のプロデューサー餅ゴリという悪口のような愛称の由来とは

音楽

2020年に入って虹プロジェクト(虹プロ)がすごく盛り上がっていますね。

アイドルや若い世代の音楽のことを知らなくても、虹プロとかNiziUなどというのを耳にするこ機会が増えました。

普段テレビを見ない自分でも、ネットやSNSを通して見聞きすることがあります。

中でも、知名度が上がっているのがプロデューサーであるJY Park氏。

K-POP界では超有名なのだそうです。

 

ちなみにJY Park氏、あだ名は「餅ゴリ(もちごり)」です。

まるでキテレツ大百科のブタゴリラ、あるいはスラムダンクのゴリ(赤木剛憲)のみたいで、一つ間違えれば悪口にも聞こえるような名前ですね。

ところがJY Park氏は、この名前を普通に受け入れており、特に怒っている様子もありません。

 

そもそもJY Park氏は、なぜ「餅ゴリ」と呼ばれているのか?

その由来について調べてみました。

 

スポンサーリンク

虹プロ(NijiU)のプロデューサーJY Parkが「餅ゴリ」と呼ばれる由来とは

JY Parkは自ら「餅ゴリ」と呼んでいいと自ら公言しているそうです。

いったい「餅ゴリ」とはなんなのでしょう。

調べてみると、結構有名な話ということがわかりました。

 

その由来とは、「餅が好物で、ゴリラみたいな外見だから」です。

しかもJY Park本人は、この名前を気に入っており、実は自ら言い出したという噂まであるほどです。

ちなみに韓国語で餅ゴリは「トッゴ(떡고)」といいます。

 

表面上は餅が好きなゴリラみたいな人なのですが、実は口に出すのが恥ずかしくなるような黒歴史があるのです。

 

実は当初は「セクゴリ(セッ○スゴリラ)」というあだ名がついていたのです。

JY Park氏が2001年にミュージシャンとしてアルバム「Game」を発売したときのプロモーション時に「セッ○スはゲームだ」という発言をし、賛否両論を呼びました。

その時に「セクゴリ」というあだ名がついてしまったのです。

さすがにそんなあだ名がついてしまっては今後の活動に支障が出るため、いろいろと考えた末に餅好きをアピールし「餅ゴリ」という愛称を広めたのです。

そりゃセクゴリだったら餅ゴリの方がずっとマシです。

(ただ、韓国ではセッ○スのことを餅つきに例えることがあるそうで、100%不名誉なあだ名から逃れられたわけではありませんが・・・)

餅ゴリという名は苦肉の末に広めた名前というわけですね。

 

なお、JY ParkはK-POP界ではかなりの大物プロデューサーで、日本で言い換えると、秋元康氏のことを「メガネブ○」と呼んでいるようなものです。

それはそれで面白いですが、秋元氏はさすがにいい顔はしないでしょうね。

スポンサーリンク

 

虹プロ(NijiU)のプロデューサー餅ゴリことJY Parkの経歴がすごい!

餅ゴリという名前で、いじられキャラのように思われるJY Park氏ですが、実はとんでもない経歴の持ち主なのです。

 

  • 本名:パク・ジニョン(朴軫永)
  • 生年月日: 1972年1月13日
  • 出身:ソウル
  • 経歴:
    ソウル生まれ、小学1年生の時に渡米、ブラックミュージックにハマり音楽ののめり込む。
    帰国後、大学に入学し歌手を目指す。
    1992年にデビューするも振るわず、その後オーディションを受け直すなど苦労する。
    1994年に音楽理論を学び直しソロのR&B歌手として復帰する。その後1997年に現在のJYPエンターテインメントを立ち上げプロデュース活動を開始。
    「god」や「ピ(Rain)」などを育てる。
    アメリカに進出したり、日本でもAIやSMAPとのコラボレーションを手がける。
    2015年にはTWICEをデビュー、そして2020年に日本のNiziUのデビューが予定されている。

 

当初は歌手でデビューしていたのですが、その後のプロデューサーの実績の方がよく知られています。

最近だとTWICEを手がけたことで、K-POPのファンの間では有名プロデューサーとして知られています。

 

そして日本で虹プロジェクト(虹プロ)のプロデューサーに就任し、日本での知名度がさらにアップしました。

スポンサーリンク

 

虹プロ(NijiU)のプロデューサー餅ゴリの名言を1つ紹介します

餅ゴリことJY Park氏をさらに有名にさせているのが、虹プロのオーディションなどでの発言です。

参加者に向けて様々なアドバイスなどを送るのですが、それが名言として取り上げられるようになり、注目されるようになりました。

 

いろいろな名言がある中で、個人的に気にいったものを1つを紹介します。

これはスターになるために心構えとして「真実・誠実・謙虚」を大事にしようと伝えています。

このメッセージはスターにならずとも、全ての人々が心に留めておきたいことですね。

こういうのをメディアももっと大々的に発信すれば良いのに。

そのうちエンタメ系だけでなく、ビジネス系のメディアでも取り上げられるかもしれません。

 

こういう名言が所々に散りばめられているので、虹プロジェクトを追いかけているファンも心を打たれるのでしょう。

虹プロジェクトから派生したグループ「NiziU」、こういうのも人気の秘密なのでしょうか。

 

ところでJY Park氏は自らミュージシャンとしても活動しております。

色々な曲を出していますが、こんなものまであったりします。

一見、良さげな曲なのですが、単純におしりが大好きと延々と歌っているだけです(笑)。

とても名言を言っているプロデューサーとは思えませんが、エンタメなので、まあこんなものなのでしょう。