葬儀の時は黒マスク着用という謎マナーはバカバカしくて笑いそう

日常・雑記

新型コロナウイルスの感染防止対策として、外出時をはじめ公共の場所ではマスクをつけるというのが当たり前の光景になりました。

今までは使い捨ての白いサージカルマスクが主流でしたが、洗って使える様々なマスクが登場しています。

デザインも多種多様で白だけでなく黒など様々なカラー、柄物のマスクも増えています。

もはやマスク着用がマナーの1つになりつつありますが、こういうときに何故かワケのわからない謎マナーが誕生するものです。

最近も葬祭(葬儀)の時のマスクのマナーについてこんな話が出ているようです。

 

スポンサーリンク

葬祭(葬儀)の時は黒マスク着用というマナーは常識?

話題となっているのがこちらの記事です。

 

とある女性が「通夜葬儀などの場合はマスクも黒にすること」というマナーを見かけたという発言がSNSか掲示板にあったことが発端で、様々な意見が飛び交うようになりました。

黒白どっちでのいいとか、白が普通など多くの意見が出ているようです。

 

黒にするというのは、どうやらヨーロッパの王族が葬儀に参列した際に黒マスクを着用しているのを見て、マナー業者が思いついたものと予想されます。

そこから、マナー講師のブログやSNSで葬祭の時はマスクは黒にしましょうと吹聴したのではないでしょうか。

スポンサーリンク

 

実際の葬儀では参列者は多種多様なマスク姿

実際のところ、冠婚葬祭でマスクをつけて参列するなんてことはほとんどあり得ません。

マスクをつけているのは、新型コロナウイルスのような特殊なケースだけです。

つまり例外的な対応というわけです。

それをそんな短期間でマスクの色についてのマナーなんて作る方がおかしい話です。

 

葬儀業者やその関連のサイトではマスクの色について、特にマナーがあるなんてことは増えておらず、あったとしても白が無難かもと言っているくらいです。

私自身も先日、葬儀に参列したのですが、その時はほとんどが白マスクでした。

中には普段使っている洗える柄物の布マスクを着用していた方もいましたが、別に浮いているわけでもなく、変だとは思いませんでした。

 

そもそもこういうご時世のときにマスクの色について、いちいち注意する遺族や参列者なんていません。

もしいるとしたら、適当に聞き流しておくか、しつこければ黒マスクを持っていないのでくださいと言ってやればいいのです。

スポンサーリンク

 

葬儀の時の黒マスク着用についての世間の反応は

今回の葬儀の時は黒マスクがマナーという件について、世間ではこんな反応を示しています。

  • いい加減、こういうのに振り回されない社会になって欲しい。マナーだとか言って妙なルールを次々と作り、それが出来ている人を讃えるわけでなく、それが出来ていない人を見つけては非常識だのと言って非難する、、、そんなマナーなど、何の価値もないだろう。
  • 最近やたらマナー講師なる人とかメディアに登場して、ほとんどの人が気にしていなかった事をこれがマナーですと声高に言っているのを見ていつの間に誰がマナーにしたの?と疑問に思うことが多くなりました。マナーは大事ですけど正解か誤りか白黒付けなくても良い事も沢山あると思います。
  • マスクして、他の人にうつさないようにしてれば、それがマナーなんじゃない?何でもいいんだよ着けてれば!
  • 白が常識だ!とか輩がいるが、最近街中でも白もいるし、黒マスクの人も普通に歩いているのを見かける。派手な色は流石にマズイが、白と黒でどちらかに強制的に決めるのもおかしな話だと思う。参列者に負担を掛けすぎないようにするのも重要だと思う。
  • くだらない。葬祭は一般的に黒と白。アクセサリーもパールは付けても良しなんだから、マスクも普通に白や、ケバケバしい派手な物以外なら、何色でも良くないですか?黒を付けると言う視覚のマナーじゃなく、マスクを付けると言うマナーの原点が大切だと思います。

 

ほとんどがこういう意見ですね。

謎マナーに縛られず、相手に失礼で不快な気分にさせないように配慮するのが本来のマナーのはず。

変な知識をつける必要はなく、常に思いやりの気持ちを持って行動すれば何の問題もないはずです。

 

もちろん自分が好きで黒マスクをつけたいのであれば付ければいいだけで、マナーだからとかそういう縛りはバカバカしい限りです。

そろそろマナー業界も怪しくなり始めているようです。

 

【関連記事】:無宗教や僧侶なしの葬儀・告別式でも十分気持ちが伝わるという話