「香水」の瑛人が意外と歌がうまいことにびっくり|「Love Forever」のカバー

音楽

「香水」の大ヒットで2020年の紅白歌合戦に初出場を決めた瑛人。

大みそか12月31日の本番では、きっといつも通りの彼らしいパフォーマンスを見せてくれるでしょう。

すでに一発屋と言われそうな雰囲気のある瑛人、次の曲としてリリースした「ライナウ」がいまいちパッとした曲でないせいか伸びすに苦しんでおります。

 

ところが、最近出た加藤ミリヤのトリビュートアルバム「INSPIRE」に瑛人が歌った曲が収録されているのですが、これが想像以上に歌がうまく、新たな一面を見せてくれました。

 

スポンサーリンク

瑛人がyamaと川谷絵音とコラボした加藤ミリヤ「Love Forever」

この「Love Forever」がたまたまラジオで流れているのを聞いたのですが、瑛人の声が曲によくハマっており、心地よく聞こえます。

 

原曲は加藤ミリヤが清水翔太とデュエットしたこちらです。

 

原曲に負けないくらいの完成度です。

 

今回歌った「Love Forever」はプロデュースがゲスの極み乙女の川谷絵音で、瑛人とyamaがデュエットしています。

多分、ボーカル部分などはいくらかいじっているとは思いますが、瑛太がここまでうまく歌えるとはびっくりです。

正直、瑛太の歌がうまいなと思ったことはなかったのですが、これは綺麗に歌い上げられており、結構歌えるじゃんと感心したくらいです。

プロデュースする人が違うだけで、こんなにも印象が変わるのかとびっくりしましたが、これは瑛人の新たな一面を見せてくれるいい曲です。

自分の曲ではないですけど、この曲でテレビやラジオに出演して歌えば、もっと注目度が増して、瑛人が本格的にブレイクする可能性があるかもしれません。

 

ちなみに加藤ミリヤのトリビュートアルバムには、他にLiSAや青山テルマ、清水翔太も参加しており、かなり豪華な作品になっております。

そんな作品に瑛人が参加できたのは大きいですね。

スポンサーリンク

 

瑛人の紅白の会見はいつも通り素人っぽさ全開

瑛太が紅白初出場がが集まった場での記者会見では、相変わらずの素朴な素人感ん満載でした。

この調子なら、本番でもいつも通り歌ってくれることでしょう。

チョコプラの長田さんが出たらとか色々な声が出ていますが、せっかくならば瑛人がしっかり歌い上げているのを見たいので、誰にも邪魔されることなくやって欲しいです。

スポンサーリンク

 

2021年初めに瑛人のファーストアルバム発売

実は瑛人は今までCDという形で曲をリリースしたことがなく、全て配信のみです。

でも、2021年の初めに、ようやくデビューアルバムが発売されることになりました。

香水はもちろん、その他の人気曲も収録された意欲作になりそうです。

この売り上げで瑛人がこれから本格的にミュージシャンとして活躍できるかどうか決まるので、大事な作品になります。

せっかく掴んだチャンスなので、香水だけで終わることなく長く活躍して欲しいものです。

【関連記事】:瑛人の「香水」という曲に何1つ共感やシンパシーを感じない理由