スナフキンの名言から学ぶ人との程よい距離の取り方

ミニマリスト全般

人間関係に悩んだり、リアルな対面やSNSで人とどのように接すれば良いか悩むことは結構多いかもしれません。

10〜20代はもちろん、30〜50代でも、どのように人と接すればよいか、わからなくなることがあるのではないでしょうか。

私自身、人と接するときは、その場で体裁を繕うことくらいはできますが、今でもどれくらいの距離感をとれば良いかわからなくなることもあります。

もともと私は積極的にコミュニケーションを取るタイプではないので、同年代の人々に比べると経験が少ないというのも理由ですが、きっと人生を終えるまで悩み続けるのだろうなと思います。

 

今回、対人関係について取り上げたのは、先日たまたまTwitterで見かけた投稿で、人との接し方や距離の取り方について核心をついてるであろう名言を見つけたことがきっかけです。

それは、ムーミンで有名なスナフキンの名言でした。

今回はスナフキンの名言から人との接し方について考えてみました。

スポンサーリンク

スナフキンの名言から人との接し方のヒントを探す

実際に見かけたツイートは別のものなのですが、書いてある内容は全く同じものです。

こちらにスヌーピー(ピーナッツ)とスナフキン(ムーミン)の名言が載っていました。

私がピンときたのはスナフキンの名言です。

人と違った考えを持つことは一向にかまわないさ。でも、その考えを無理やり他の人に押し付けてはいけないなあ。その人にはその人なりの考えがあるからね

 

内容を一言でまとめると「お互いのことを尊重しよう」ということでしょうか。

ブログを書いていたり、TwitterなどのSNSで投稿をする際、自分が正しいと信じていることを、ついつい強調して書いてしまいがちになります。

 

時にはこだわりが強すぎて、押し付けがましくなることもあります。

例えば、ミニマリストとして物を減らしたり、シンプルな暮らしをして良い結果が出ると、メリットを強く主張してしまうことがあります。

更にエスカレートすると、自分が成功したからあなたもきっと変われるという感じで、まるで伝道師かの如く、繰り返しSNSなどで投稿してしまいがちです。

そして、いつの間にか、とても押し付けがましくなり、それが反発を産むこともあります。

 

私はあまりアンチなどを気にしないほうだと思っていますが、それでも目にするのはイヤなものです。

そのため、なるべく波風立てず穏やかに、必要以上に強く主張しないように気をつけているつもりです。

 

では、なぜ私がミニマリストのことをブログやSNSで投稿しているのか?

それは自分の個性を伝えるためと、こういう生活をしている人もいるのだというのと、誰か1人でも参考にしてもらえればいいかなという程度です。

参考にしてもらうというのは、自分もやってみたいと思ってもらったり、あるいは変な人と(色々な意味で)ネタにしてもらえれば十分です。

私がミニマリストになって身の回りがスッキリして、心が軽くなり、ストレスをなるべく溜めない脳天気な人間になれたのだから、みんなやってみようと主張するつもりは毛頭ありません。

ただただ、私自身がこういうライフスタイルで過ごしているという事実を伝えて、あとは好きなように解釈してもらえればよいです。

お互いに干渉しすぎず、かつ敬意をもつスナフキンの考えが理想的

最初に紹介したスナフキンの言葉から、まさにこれこそが自分のポリシーだなと感じました。

お互いのことを尊重すれば、自然と自分も人に押し付けがましくなったりすることもなくなり、バランスよくブログやSNSの投稿ができるでしょう。

ときには他人の投稿などをみて心を痛めたり怒り感じる事もあるかもしれませんが、そんなときは干渉せずスルーすればよいだけのことです。

他人と自分は考え方が違うのが当たり前という前提で、かつ、それを否定せず受け入れる(あるいは聞き流す)ことが、今後穏やかに生きていくためにはいいのかなと思う今日この頃です。