実は札幌の隠れ花見スポット?ゆっくり見るなら北大キャンパスがオススメ!

北海道スポット

 

さて、札幌にもようやく春がやってきて、桜も見ごろになってきました。

しかも、この日(5月4日)は気温が26度と7月上旬並みにまで上がり、暑いぐらいでした。

 

移住して初めて迎える春!

近所で桜は拝みましたが、せっかくなので札幌のお花見スポットで楽しむことにしました。

 

札幌のお花見で有名なスポットとしては、中島公園、円山公園(北海道神宮境内も)です。

それ以外ですと、モエレ沼公園、真駒内公園なども有名です。

大通公園にも、一部花見のスポットがあります。

 

自分もそのどこかに出かけようよ考えたのですが、色々調べていると、意外な穴場を発見しました!

自然豊かな場所として有名ではありますが、桜のスポットだとは思いもしませんでした。

 

というわけで、今回はその穴場へ出かけました。

 

スポンサーリンク

誰でも自由に散策を楽しめる北海道大学のキャンパス内

今回出かけた場所というのは、北海道大学のキャンパスです。

 

かなり敷地が広いので、いろいろな場所から出入りができますが、今回は正門から入りました。

 

正門から少し歩くと、クラーク像があります。

有名な羊ヶ丘のものとは違います。

 

そのままキャンパス内を少し歩いていると、ポツンと生えている桜の木を発見!

 

そして、別の場所にも!

 

う〜ん、ちょっと散りかけていますね。

もう少し、早くくればよかったかな・・・。

 

色々と歩き回りましたが、ポツリポツリと桜の木を見つけることはできます。

しかし、桜の木がまとまった、いわゆるは並木みたいな場所はなかなか見当たりません。

 

北大工学部付近がオススメスポット

出かける前に、事前に調べた情報によると、北大構内にも桜並木っぽいところは存在しているそうです。

それは、工学部付近ということが分かりました。

 

歩き回り、ようやく工学部付近に到着しました。

ですが、それと思わしき桜は見当たりません。

 

おかしいなと思いながら、工学部付近をぐるっと回っていると、やっそそれらしきものが見つかりました!

 

見事に咲いております!

 

咲いているのは、やはりほとんどがエゾヤマザクラです。

 

写真では分かりにくいですが、少しづつ散りかけております。

 

同じ場所にはソメイヨシノも生えていたのですが、すでに散った後でした。

ソメイヨシノは早いですね。

 

北大キャンパス内その他の場所に咲いていた桜

メインの工学部以外にも、所々で桜が咲いているのを見ることができます。

 

細かい場所は失念してしまいましたが、こちらもきれいですね。

 

この写真に写っているのは大野池という場所に咲いている桜です。

 

池の水面には桜の花びらが。

 

そして、どこかから飛来してきた鴨がゆったりとくつろいでいます。

 

 

 

北大のキャンパスは、一般にも解放されているので、休みの日には地元住民を始め、観光客などで賑わっております。

大学というとあまり自由に出入りできない閉鎖的なところというイメージがありそうですが、北大に限ってはそんなことはなく、家族連れから、ご年配の夫婦、友人同士で散策を楽しんでいる姿も見受けられました。

 

キャンパスが広いせいもあるのでしょうが、ゴミゴミしていることはありません。

比較的ゆったりできるので、純粋に桜を見るだけならば、隠れた散策スポットと言えるでしょう!

ちなみに、構内では宴会は禁止のようです。

桜をのんびり眺めたいというならば、落ち着いて歩けますよ。

 

時期的にはもう2、3日早く行けばよかったなあと思いましたが、それでも十分楽しめました。

多分4月の終わり頃が1番の見頃ではないでしょうか!

 

この後キャンパス内で色々と散策して、写真に収めてきました。

次の記事で公開します。

北大に牧場発見!キャンパス散策は楽しい!
前回の記事で、北大で花見をした記事をアップしました。 桜以外にもいろいろと写真に収めてきましたので、今回はそちらをまとめて載せていきたいと思います。 前回の記事 北大キャンパス内の草木類や歴史的...

 

コメント

  1. あれ より:

    今日はじめて、拝見しました。
    すごくいろんなところに、お出かけされるのですね@@

    いったことのないとこばかりで、楽しかったです
    またあそびにきます

    • きたかぐら より:

      初めまして。
      コメントありがとうございます。

      また気が向きましたら遊びに来ていただければうれしいです。