MacでExcelやWordを無料で使うならMicrosoft365Web版Officeで十分

IT・WEB系

普段、自宅でパソコン作業をするときにはMacを使っております。

個人ではあまり出番はないのですが、ワープロや表計算ソフトをたまに使うこともあります。

Macの場合は標準でPagesというワープロソフト、Numbersという表計算ソフトなどが入っております。

ちょっとしたことに使うならMacのものでも良いのですが、やはり長年MicrosoftのWordやExcelを利用していたので、本格的に作業するならそちらを使いたくなります。

ただ、用意するには別途ソフトを購入する必要があり、しかもまあまあ高いので、頻繁に使わないのであれば勿体無くて買う気になりません。

しかし、一部の機能に制限はあるものの、無料で利用できるWeb版のOfficeがあるのです。

今回はMacのPCでも無料で利用できるWordやExcelについて取り上げます。

 

スポンサーリンク

PCがMacでも無料でWordやExcelが使えるMicrosoft365

すでにAppleのiPhoneやiPad向けのiOSで使えるWordやExcelのアプリはあるのですが、いわゆるパソコンで使えるMac向けの無料アプリはありませんでした。

MacでWordやExcelを使いたい場合は有料で購入する必要がありました。

そんな中、MicrosoftでもようやくMac上で無料で利用できるOfficeが用意されました。

 

利用できるのはMicrosoft365というクラウドツールで、その中に無料で使えるWeb版のOfficeが用意されております。

アプリをインストールするのではなく、Web上で操作するスタイルにはなりますが、画面は見慣れた物になります。

 

これはWordの画面。

 

こちらはExcel。

 

そしてPowerPointもあります。

 

いずれもMac上で開いた物ですが、Windowsで開いた画面とほぼ変わりません。

操作方法もほぼ同じで、慣れていればすぐに使いこなせるでしょう。

 

Macでは今まで同梱されたアプリ、あるいはGoogleで使えるドキュメントやスプレットシートなどを使っていたかもしれません。

でも、やはりWordやExcelを利用したいということもあるかもしれません。

私自身も学生時代から長年WordやExcelを使っていたので、こちらのほうが使い慣れております。

ようやくMacでも無料に使えるようになり、便利になりました。

これでMacのPagesやNumbersは不要になるかもしれませんので、アンインストールしてストレージの空き容量を増やしても良いかなと思っております。

 

今回は登録の方法などについては詳しく説明しませんが、試してみるのであれば、下記のMicrosoft365のページへアクセスし登録をすれば、すぐに使えます。

 

無料のWeb版WordやExcelで出来ないことや制限されていること

MacでWordやExcelを手軽に使えることは喜ばしいことなのですが、やはり無料であるため、できることと出来ないことがあります。

Web版の無料Officeで出来ないことは次の通りです。

 

Office全体

  • インターネットへの接続が必須
  • データはOneDrive上に一度保存しないといけない
  • MIcrosoftアカウントの登録が必要(無料)
  • マクロの作成、編集、実行ができない

 

Word

  • ハイパーリンクのリンク先を編集できない
  • 図形やテキストボックスを追加できない
  • 引用の追加と更新ができない
  • 目次の追加と更新ができない
  • パスワードで保護されたドキュメントは開けない

 

Excel

  • データの入力規制を新規で設定できない
  • 一部の関数の挙動が製品版と異なる
  • 保護されているブックを表示できない

 

PowerPoint

  • オーディオの追加ができない
  • ヘッダ、フッタ、日付・時刻、段落番号を編集できない
  • スライドマスターを編集できない
  • グラフを追加できない
  • 画像の圧縮ができない
  • 上付き・下付き文字が使えない
  • スライドショー機能が限定的
スポンサーリンク

 

Macで無料で使えるWeb版WordやExcelは個人利用なら十分かも

以上、MacでもWordやExcelを無料で利用できるMicrosoft365のWeb版Officeについて取り上げました。

機能に制限はあるものの、個人で使う分には特段問題はないレベルではないかと思われます。

そもそも個人でマクロを使うことなんて滅多にないでしょうから。

ただ、PowerPointは制限が多いので、本格的なプレゼン資料を作成するには物足りないかもしれません。

 

まずは無料でWeb版のOfficeを使ってみて、他の機能が必要になった際に製品版の購入を検討して良いでしょう。

私もつい最近まではMacの標準でついていたものを使ってたのですが、これを機にMicrosoft365のWordとExcelに切り替えて試してみることにします。