家ではワンプレートの食事で準備や片付けをシンプルに【ミニマリスト】

ワンプレートディナー3ミニマリスト&シンプルライフ

先日、不要な食器を処分した時に、もっと減らすことができないかと考えました。

直径23cmほどの円形のプレートを持っているのですが、結構大きくて盛りつけた時に結構スペースが余ることがありました。

いっそのこと、このプレートに全て盛りつけてしまえばいいいじゃないか。

早速試してみたところ、特に困ることもなく食べられたので、ご飯茶碗などを処分しました。

それから、ずっと自宅での食事はほとんどワンプレートで盛り付けるようになりました。

スポンサーリンク

ミニマリスト男性が自宅で作るワンプレートディナーあれこれ

ワンプレートディナー1

冒頭の写真に載せたものも含め、最近はこんな感じで食事を盛りつけています。

プレートにおかずとご飯をひとまとめに盛りつけました。

これは冷凍食品のコロッケに、下にカット野菜を敷き、横にご飯を盛りつけたものです。

汁物はさすがにプレートによそえないので、スープカップに入れてます。

納豆は入っていた発泡スチロールの容器をそのまま利用しています。

厳密にはワンプレートとは言えるか微妙ですが、できる限り少なくしています。

 

ワンプレートディナー5

こちらはお惣菜で買ったザンギ(唐揚げ)を盛りつけたもの。

赤いものはキムチです。

 

さらに最近はホットサンドメーカーを手にいれ、料理の幅も広がりました。

これは便利です。

 

ワンプレートディナー2

ワンプレートディナー4

ワンプレートディナー6

ホットサンドメーカーで調理したワンプレートディナーはこちら。

肉を焼いただけですが、フライパンなどで作るよりも手軽です。

まだ使い始めたばかりなので、レパートリーはこれから頑張って増やします。

 

ワンプレートにしたことで、食事の時の食器も減りますので、後片付けも簡単!

また、大きめの皿が1枚あればいいので、物を減らすこともできました。

お皿が大きく手に持つことが難しいので、食べるときに多少大変ではありますが、慣れれば大丈夫です。

あと、1つの皿に盛ることで、ご飯がおかずの汁気を吸ってしまうこともありますが、個人的には気にならないのでOKです。

1人だったら、無理して料理やおかずごとにお皿をわけずに、ひとまとめにしたら本当に楽です。

食事を楽にしたいのであれば、ワンプレートは結構おすすめです。