40代男性ミニマリストの服の収納はミニスーツケース1つにまとめる

服・ファッション

ミニマリストとして持ち物を整理し、衣類も少なくしてから、タンスなどを使わず収納しています。

少し前までは100均で買ったカゴに入れ、押し入れに放り込んでいたのですが、それをやめて小さいタイプのスーツケースにまとめています。

収納方法を変えたことにより、服もこれ以上増やさないように意識するようになりました。

スポンサーリンク

40代ミニマリストは服をスーツケース1つにまとめて収納

40代男性ミニマリスト のクローゼット2

今までは上記のような感じで、カゴに入れて服を収納していました。

これでも十分少ないと思われておりますが、やはり2つとか3つに分けてカゴに入れるというのが乱雑に見えてしまいます。

どうせなら1つの入れ物にまとめて収納してしまいたい。

思いついたのが、普段は使うことがない小型のスーツケース(キャリーバッグ)を収納にしてしまうことでした。

こちら10年以上前にどこかのディスカウントストアで2,000円くらいで買ったナイロンの小型スーツケースです。

大きさは高さ47cm、幅35cm、厚み15cmくらいです。

それこそ旅行に行く時くらいしか使わないので、普段は場所を取り邪魔になります。

かといって壊れているわけではなく、必要な時は当然使うので捨てるわけにはいきません。

だったら、普段から何か有効活用できる方法はないか?

そこで考えたのが衣類の収納に使うことです。

 

このような感じでTシャツ、下着、靴下、スポーツウェアなどを折りたたんで収納します。

今の私にはこれくらいの量で十分なので、足りないということはありません。

逆にこれ以上増やさないようにという目安になるのでちょうど良いです。

 

このように押し入れに入れても十分ゆとりができ、コンパクトにまとめられました。

右側にある冬物のコート類さすがにスーツケースに入れることはできませんが、この辺はまあいいとしましょう。

踏ん切りがついた頃にスーツなどを処分すれば、もっとスカスカになるはずです。

あとはズボンはそのまま置きっぱなしになっておりますが、こちらはスーツケースに収めるように整理しないといけないですね。

 

左側に寝具を置いてますが、敷布団を捨てたので押し入れを圧迫することなくスッキリしました。

なんとかここまで減らすことができましたが、あとは上着類をもう少しコンパクトにできないかが次の課題ですね。

これがうまくいけば、白色のハンガーラックも処分できれば完成に近づきます。

時期が来たら、上着類も思い切って整理したいです。