デジタルジャンキーなミニマリストがデジタルデトックスについて考える

ミニマリスト&シンプルライフ

今の日本は、スマホの普及でネット社会が身近なものになり、もはやネット無しでは生活できないという人もいるでしょう。

そして、今新たな問題となっているのがネット依存の問題で、最近ではネットデトックスというデジタル通信機器から距離を置く時間を作ろうという動きもあります。

ミニマリストの中にもデジタルデトックスを取り入れて必要最低限のライフスタイルを取り入れるケースもちらほら見受けられます。

今回はデジタルデトックスとはどんなものでなのかについて取り上げて、ミニマリストとして取り入れられる部分はあるのか考えてみました。

スポンサーリンク

世間一般のデジタルデトックスのやり方とはどんなものか?

デトックス(detox)とは生理学的・医学的に生物の体内にたまった有害な毒物を排出させることというのが本来の意味です。

デジタルデトックスは「スマホやパソコン、インターネットなどから物理的に距離を置くことでストレスや疲労を軽減(排出)すること」という意味で使われています。

本来のデトックスとは違う意味にようにも感じられますが、語呂が良いのでこのように言われてるのかもしれません。

デジタルデトックスを行うことで、リアルな場面で自然に触れ、自分の目で見るものや自分の言葉で話すことを大切にすることで、デジタル疲れを癒す効果が期待されています。

目や脳の疲れ、睡眠の質、ストレス軽減に良いとされています。

 

では、デジタルデトックスでは具体的にどのようなことを行うのか?

  • ネットを意識的に使用しない時間を設ける
  • 特定の時間以降スマホに触らない
  • 機内モードに設定する
  • おやすみモードに設定する
  • スマホアプリの通知(バッジ、メール等)は切る
  • 通知の多いスマホアプリはメイン画面以外に置く

<CLIP「デジタルデトックスとは?SNS疲れ・眼の疲れを解消、生活に即した簡単な方法」より引用>

これはあくまでも一例ですが、1番持ちやすく操作しやすいスマホをメインになってます。

デトックスをしたことで、一例として、

  • 通勤・通学時に広告に注目するようになった
  • 帰り道にお気に入りになる銭湯を発見した
  • 家で本を読むようになり想像力が働くようになった

という効果を実感したという声も上がっております。

 

他にもいろいろなデジタルデトックス方法はありますが、基本はスマホやパソコンなどのデジタルデバイスから距離をとり、アナログなものに触れる機会を増やすのが基本です。

スポンサーリンク

デジタルジャンキーのミニマリストがデトックスするのは可能か?

簡単にデジタルデトックスについて触れましたが、出てきたばかりのトレンドなので統一した作法などはなく、やり方も人それぞれです。

いずれにしてもデジタル機器に触れる時間を減らすこと、スマホなどの通知に振り回されず距離を取る工夫をしようというものです。

 

さて、ネット社会のおかげでミニマリストとして生活できている自称デジタルジャンキーの私ですが、デジタルデトックスをする必要はあるのか?

私の場合は基本的に1人で仕事をすることも多く、最近はリアルで人と会う機会も減っているため、コミュニケーションをとる上で欠かせないものになっております。

そのため、朝起きてから夜寝るまでパソコンかスマホに触っていることが多いのが現状です。

とはいえ、この生活に慣れてしまったのか、不思議と疲れることはありません。

中には思いがけないスマホの通知などで邪魔されることもありますが、基本的に不要な通知は全てオフにしております。

デジタルデバイスに囲まれながらも、自分に必要なものだけ動かしたり通知されるようカスタマイズしていますので、ストレスもほとんどありません。

ただし、目や脳など身体的な疲労はどうしても避けられませんので、疲れたなと思ったら距離を取るようにはしています。

 

今のところはデジタルまみれになって疲弊しておりませんので、個人的にはこれ以上のデジタルデトックスの必要はなさそうです。

ただ、今後ストレスや疲れが出てきたら、意識してデジタルデトックスをすることにはなるでしょう。

最近はデジタルデトックスに関する書籍も出てますので、参考にするのも良いでしょう。