【ミニマリスト】今まで捨てた物って実は結構思い出せないものかもしれない

ミニマリスト全般

最近はとにかくいらないものは片っ端から捨てて、本当に必要最低限のものだけ残そうとしています。

だいぶ身の回りのスッキリして、最終的な目標にしているカバン1つだけで生活できるレベルに近づいてきました。

最終的にカバン1つだけの持ち物になってどうなってしまうのか、実はあまり考えておらず、なるようになるだろうと気楽に考えています。

とりあえず今のところ困ってることはないので問題なさそうです。

 

ところで、捨活だったり断捨離をした人のブログやコラム、YouTubeやSNSなどを読むと「捨ててよかったもの」というお題で話しているのを目にすることがあります。

私自身もいろいろなものを捨てていますが、同じように捨ててよかったものって何ですかと質問されると、パッと答えることができません。

正直なところ、捨てたしまったものについては興味が失せてしまうので、別に覚えておく必要もないだろう考えてしまします。

なので、捨ててよかったものについてスラスラと答えられるのを見ると、みんなよく自分の捨てたものを覚えているなと感心してしまいます(笑)

 

一応、私もブログなのでミニマリストのことについて書いているので、今まで捨てよかったものは何ですかと聞かれれば、過去の記録をみて答えることができます。

捨てたものを答えることはできますが、ではそれで何が変わりましたかと聞かれると、正直大した変化はないかもしれないとしか答えられません。

私自身、これから先どのようなことをして、楽しんで生きていこうかなと考えることが多く、過去のことはあまり振り返らず忘れてしまうことが多いのです。

(本当は過去の失敗を反省し、これからに生かすのも大事なのですが・・・)

強いて言えば、買っては捨てるを繰り返して、本当に必要なものしか買わなくなったので、無駄遣いがなくなり、お金が貯まりやすくなったくらいでしょうか。

 

昔はあれが欲しいこれが欲しいと物欲があり、お金がいくらあっても足りないくらいでした。

しかし、いざ欲しいものを手に入れてしまうと、最初のうちは嬉しいのですが、徐々に興味を失い、もういいやとなって気づいたら売ったりなどして手放していました。

多分、私は結構飽きっぽく、それでいて実は物欲はないのだなと気づきました。

こう言う性格だから、ミニマリストに向いているのかなと今になって思います。

ミニマリストになると、色々と物事を深く考えてしまいがちに思われますが、私は面倒なことを考えず、シンプルに生きていきたいので、不要なことは忘れてしまっていいと思っています。

 

極端なことを言うと、今の私に本当に必要なには、PCとスマホ、ネットが繋がる環境、最低限の衣類、それとお金があれば十分なのかもしれません。

あとは雨風をしのぐ場所、考え方によってはかばんを持って転々としても良いのかなと、

私自身、今はそれで十分生きていける自信があります。

 

歳をとるとものをため込みがちになると言われていますが、どうやら私は正反対のようです。

物がないことで身軽になれますので、フットワークを軽く毎日を過ごしていきたいです。