ブラックフライデーのようなセールでも物欲が湧かないのがミニマリストとして正解なのか

ミニマリスト全般

11月の第4金曜日が「ブラックフライデー」と呼ばれ、amazonなどのネットショップや小売店などで、大々的なセールをするようになったのって、つい最近のことと思われます。

ここぞとばかりに、SNSなどを中心にamazonのあれが何%OFFでお得とか、楽天でもすごく割引されているものがあるなどと情報が飛び交っております。

こういうお得なときに買わないともったいないという心理が働き、限定品を虎視眈々と狙う消費者も多いでしょう。

 

しかし、私自身は最近ではこういうセールに対して昔ほど興味を持たなくなりました。

なぜなのかなと自問自答してみたら、2つほど理由が思い浮かびました。

スポンサーリンク

ミニマリストの私がブラックフライデーのようなセールに興味を示さなくなった2つの理由

私自身が、ブラックフライデーのようなセールなどに興味を持たない理由は何なのか?

考えてみると2つ理由がありました。

  1. 何か欲しいという物欲がない
  2. 目当ての商品を手に入れる争奪戦や行列に疲弊した

簡単ですが、順番に考えてみます。

 

何か欲しいという物欲がない

1つ目は私自身、何か欲しいという物欲がほとんどないからです。

物欲が0というわけではないのですが、セールで値下がりしてまで欲しいものが今のところないというのが正解かもしれません。

 

今の自分は物を増やすのではなく、どれだけ持ち物を減らして生活できるのかということに興味を持っております。

現在のところは必要最低限のものは手元にあるので、これ以上何か増やしたいという欲はありません。

もちろん壊れたなどの理由で使えなくなり、買い換えなければいけない場合は話は別ですが、これ以上何か新しいものを増やしたいという気持ちはありません。

 

強いて言えば、普段からよく使うスマホやパソコンなどの、いわゆるガジェット類は新しいものが欲しいなあと思うことは時々あります。

でも、今使っているもので特に困っていないので、ギリギリ壊れるまで使い倒そうと思っているくらいです。

 

ちなみに、私が今欲しいものは

  • 美味しい食べ物
  • 本類(できれば電子書籍)
  • お金

ですね(笑)

物は持たなくても良いのですが、お腹は空きますので、生きている間はなるべく多くの美味しいものを口にしたいです。

本を読むのも好きなので、物が増えないように電子書籍で読むのも良いですし、紙の本で買った場合も、読み終わったら古本屋などに売ればいいかなと思ってます。

あとはお金。

これはいくらあっても困る物ではありません。

たくさんあれば旅行に出掛けられますし、さまざまな体験も得ることができます。

そして、貯蓄があれば万が一何かあった場合や老後も心配することなく、安心感を手に入れるられるという意味では必要なのかなと思っています。

目当ての商品を手に入れる争奪戦や行列に疲弊した

もう1つの理由は、いわゆる「限定」の物を手に入れるために、手間をかけるのが面倒で、疲弊してしまうからです。

例えば、限定何個で発売され、何月何日に予約開始なので、その時間に合わせて待ち構えて争奪戦に参加するというようなもの。

あとは実店舗で何かを買うために行列に並ぶこと。

今はそこまでして欲しい物はありません。

むしろ、欲しいためにかける手間が面倒臭いなと感じてしまいます。

 

何か必要になった場合、セールでなくてもamazonや楽天などで探せば、それなりに納得できる価格で見つかることが多いので、無理してセールに参戦することもないかなと今は感じております。

 

もしかすると、セールなどに惑わされず、必要ないものは買わないでスルーできるのが本当のミニマリストなのかなと思ったりもします。

ですが、その一方で持ち物にこだわりを持つミニマリストもおり、絶対に体に入れたい物がありセールなどで手に入れたいという場合もあるでしょう。

それはそれで本人のこだわりなので、一概に悪いとも言えません。

 

結局のところ私が言いたいことは、セールだからチャンスを逃すと損だとばかりに必要のない物を買ってしまうのが怖いということです。

セールだと惑わされず、本当に必要なものだけを購入できるよう自制したいものです。

これってミニマリストだろうがそうでなかろうが、気をつけたいことですよね(笑)

でも、ミニマリストになって増やすより減らすことを覚えると物欲は低下しセールへの興味もなくなると思います。