ミニマリストになり福袋や年末年始のセール・初売りに興味が無くなって良かったと思う

マネー・節約

年末年始になると、様々なことが話題になりますが、ショッピング界隈では福袋や初売りといった、年末年始の特売やセールで盛り上がります。

普段ならば手が出ないものが、お手頃価格で手に入れられるチャンスですので、ここぞとばかり、たくさん買い込む人もいることでしょう。

私の場合、ミニマリストを名乗ってることもあり、最近は持ち物を減らす方に興味が向いており、物欲がほとんど湧かなくなりなした。

今回は、私の個人的主観にはなりますが、ミニマムな視点で見た年末年始の福袋やセールについて思うところを書いてみました。

スポンサーリンク

初売りや福袋はいらないものも入っているリスクがある

年末年始になると、各所で福袋や初売りセールなど、欲しいものを安く手に入れられるチャンスです。

昔は福袋と言ったら、中に何が入っているかわからず、買ってからのお楽しみでした。

どんなものが入っているのかワクワクするものですが、中には欲しくないものが入ってガッカリということも結構あります。

福袋は一説には売り手がわの在庫整理と言われていたこともあったようですが、最近は中身がわからないと買ってもらえないため、あえて何が入っているか公表して販売されているケースがほとんどです。

これで本当に福袋と言えるのかは疑問ですが、それでもお得なものが手に入れられるので買い物好きな人としては、毎年の楽しみなのでしょう。

 

私自身は、これ以上余計なものを増やしたくない気持ちの方が強いため、福袋には全く興味がありません。

いらないものはヤフオクやメルカリなどのオークションで売ればいいのかもしれませんが、出品や発送などをする手間も面倒です。

本当に必要なものだけを買えばいいし、本当に欲しくないものをお得だと買うこともありません。

あとは、個人個人の考えにはなりますが、少なくとも私自身は不要なものを手に入れるリスクを考えると、今後は福袋を買うことはないでしょう。

スポンサーリンク

ミニマリスト的にはセールに興味がなくなりメリットが大きい

一昔前の自分なら、買い物ををして物を手に入れることで欲求を満たしストレスも解消されたので、バーゲンとかセールは大好きでした。

しかし、物を処分する手間の方がかかることを知ってからは、物欲はだんだんなくなりつつあります。

 

それにいくらバーゲンやセールで安く買えると言っても、お金を払うことには変わりありません。

本当に節約をしてお金を貯めたいのであれば、本当にいるものだけを買って、それほどでもないものについては一切買わないことです。

 

私自身は、今では本当に物欲はほとんどありません。

また、一生使える逸品(お高めのブランド品なども含む)なども今後は欲しいとは思いません。

 

あくまでも私自身のケースですが、ちょっとでも高いものを手にしてしまうと、傷や汚れなどがつくのが怖く、使うのにもビクビクしてしまいます。

それならばお手頃で、ある程度丈夫なものを気兼ねなく使う方が精神衛生上良いです。

ものにも執着することがなく、万が一壊れても惜しくないものが私にはちょうど良いです。

まあ、はっきりいうと貧乏性なのですけど(笑)

ただ、そのおかげで余計な出費も減りましたので、個人的には良かったと思っております。

 

1つのものを大事に使うのは、とても良いことなのですが、私の場合はそういうものを持つこと、使うことで逆にストレスを感じてしまうため、安い男で良かったのかなと思います。

もちろん、全く物欲がないわけではなく、新しいノートパソコンやタブレットに買い換えたいなという欲求はあります。

しかし、今使っているもので不便は感じていないので、使えなくなった時に考えれば良いかなと思っております。

 

ミニマリストにも色々なスタイルがありますが、どのようなタイプでも無駄な買い物はしなくなり、以前のような物欲は無くなっていきます。

買い過ぎで困っているのであれば、一度いらないものを処分してミニマリストを目指すのも悪くないでしょう。