疲れやすい身体をリセットするため「月曜断食」を取り入れてみる

ランニング・トレーニング

きっかけは年末年始に気が緩んで食べすぎ・飲みすぎたことなのですが、このところ以前より体重が増えてしまい、お腹が苦しくなってます。

太ったせいなのかわかりませんが、以前より疲れやすく、どれだけ眠っても解消しません。

平日は1日1食の生活をしているものの、どうも思ったような成果が出せていないため、何か新しいことに取り組もうと考えておりました。

そんな時、たまたまKindleunlimitedで「月曜断食」が読めるようになったため、試してみることにしました。

スポンサーリンク

月曜断食に取り組もうと思ったきっかけ

「月曜断食」というのは2018年に書籍が発行された時に話題になっており、興味もありました。

当時はジムでトレーニングしながら身体を作っていたので、断食なんて今の自分に必要ないと思い、そのままスルーしてしまいました。

 

しかし、最近は外での仕事が忙しく、なかなか運動する機会も取れませんでした。

体重を保とうと平日は1日1食にしたりコントロールしていたのですが、その反動か土日に思い切り食べすぎてしまい、逆に体重が増えてしまいました。

さらに、2021〜2022年の年末年始に久しぶりに実家に帰り、さらに食べすぎてしまい、体がさらに重くなってしまいました。

 

また、体重が増えてしまっただけでなく、次のような自覚症状も。

  • 以前より疲れやすくなった
  • 胃腸の調子が優れない
  • お通じが良くない
  • 睡眠を取っても疲れが取れない

まあ、年齢からくる老化かもしれなません。

それ以上に食事の摂り方が20代30代のころとあまり変わっていません。

自分の胃腸が以前のように動いてないのかしれませんし、少しは休ませないと家kないなと感じるようになりました。

そんな時に月曜断食を見つけたので、取り入れてみることにしました。

スポンサーリンク

月曜断食は名前の通り月曜だけ断食する

今回試してみる予定の月曜断食ですが、書籍では「ダイエット」と「むくみ」、そして「体質改善」に効果が期待できるとアピールしております。

ダイエットもできればいうことありませんが、今回はとにかく「体質改善」が目標です。

断食をすることで胃腸を休め、それにより回復をさせ、体質を徐々に良くできればと思っております。

おそらく、私の場合は胃腸も疲れているはずなので、リセットすることで身体全体の疲れも取れることを期待しています。

 

この本では、月曜断食の実際のやり方が書いてあります。

断食の時に一番問題になるであろう、空腹の耐え方や断食中の水分の取り方、翌日以降の食事の取り方などが丁寧に書かれております。

まだざっとしか目を通しておりませんので、これからじっくりと読んで、早速試してみます。

今後、月曜断食を実行した感想なども記事にして、経過報告などもできればと思っております。

これと合わせて、体力を戻すためにウォーキングとランニングも早く再開するつもりです。