明治カールとリボンナポリンの販売で思った地域限定発売の善し悪し

雑記

 

先日、明治の「カール」が全国販売を中止して、西日本地域のみの発売になるというニュースがあり、結構大騒ぎになりました。

理由は年々販売数が落ちているという、企業としては妥当な判断です。

とは言え、これだけのロングセラー商品なので、結構な大騒ぎになりました。

 

 

こういう類のものは、普段食べない奴に限って反対意見を述べるケースが多いですね(笑)

 

そして、ここから買い占めが始まるのです。

 

少し前にポテトチップスが原料不足で入手しにくく、一部の商品が販売休止された時に転売を目的に買い占めた輩がいました。

そのせいで値段がつり上がり、テレビでもニュースになりました。

しかし、その後すぐに値下がりして、買い占めた転売屋は泣きを見てザマーミロと思った方も多かったでしょう。

 

カールの場合は、今後も販売を継続するのがチーズ味とうす味だけになると聞いています。

それ以外の風味は販売終了になるため、それを狙った転売が予想されます。

 

ここで泣きを見ないために、こういう時は転売品は買わずに、明治さんに期間限定でも復活するように働きかけるのが良いかもしれません。

その方がカールおじさんも喜ぶでしょうから(笑)

 

ここで話が変わるのですが、売り物というのは全国的に発売されているものもあれば、地域限定商品というものもあります。

北海道でもいろいろ限定品が発売されており、旅行に来た方がお土産に買ったりするなど人気のものも多いです。

 

でも、最近では通販で全国どこからでも買うことができますし、各地で北海道物産展などが開催されている時に売られていることもあるので、比較的容易に手に入ります。

そのため、昔に比べればありがたみも多少薄くなっているのかもしれません。

 

そう言えば、最近、北海道限定&期間限定のこんな飲み物を手に入れました。

 

 

こちらはリボンナポリンです。

しかも限定品!

こちらの商品は1911年の発売当時に使用していたといわれるブラッドオレンジ果汁を使用し、爽やかな味わいに仕上げた味わいになっております。

 

普段はあまり飲まないので、通常のリボンナポリンとどう違うのか、説明することは難しいですが、なんとなくオレンジっぽい味が感じられました。

あと、結構炭酸が強めなんですよね。

(北海道民は炭酸強めが好きなのかな・・・)

 

 

カールの転売ネタに始まって、リボンナポリンで終わる、ちょっと不思議な記事でした。

 

そろそろ、気候も良くなったので、遠出しようかなとも考えてます。

でも、6月に入ると雨が少し心配です。

昨年は本当に多かったですから。

実は6月の雨が多い北海道
札幌に移住して少し経ちましたが、どうも天気が悪い日が続いております。 本当に雨の日が多くて悩ましいです。 こればかりはどうしようのないのですが・・・ 2016年6月前半の札幌の天気を調べてみたら 6月も半分が...

 

コメント

  1. あれ より:

    私は、ひきこもりがちなのでw
    食れぽや、素敵景色など、とっても楽しく拝見しております^^

    ブログも10年以上毎日かいていますがー無理しない程度でちょうどいいみたいですw
    ちょっとした気がついたところとかは、
    いろんな観点にきがつかされてー面白いとおもうです^^