ミニマリストなのに無印良品の物を何1つ持ってない理由とは

持ち物

ミニマリストは荷物が少ない分、自分が愛用する持ち物は厳選したものを使ってる方が多いです。

使い勝手はもちろんのこと、デザインや色などが自分好みか、シンプルですっきりして統一感があるかなど。こだわりを持っています。

そういう物を品質が良く手頃な価格で揃えており、ミニマリストに人気なのが無印良品の製品です。

無印良品について今更多くを語る必要はありませんが、店舗に足を運べば、そこはもうまさに無印ワールドです。

数多くの商品が並んでいるのに、ごちゃついておらず統一感を感じられます。

それこそ、持ち物を全て無印良品で統一すれば、誰でもおしゃれになれることでしょう。

そんな無印良品ですが、実は私は無印の商品って何1つ持っていないことに気づきました。

スポンサーリンク

ミニマリストなのに無印良品の製品を1つも持っていない理由

無印良品の製品を何1つ持っていないなんて、単に嫌いなだけじゃないのか?

いや、そういうわけではなく、むしろ無印の世界観は大好きです。

それこそ、昔は無印良品の商品はたくさん持っていたのです。

衣類はもちろん、パイン材のベッドや棚も持っていたくらいです。

食器もいくつかありましたし、数年前までは無印の手帳を毎年使っていたくらいです。

 

では、なぜ今は無印良品の製品を持っていないのか。

これは3年ほど前からミニマリストとして本腰を入れていらないものを処分(捨活)したり、ブランドにこだわらず丈夫で安いものを揃えるようにした結果、そうなったのです。

 

私の場合、持ち物を選ぶ基準として、

  • シンプルなデザイン
  • 安い
  • ブランドにこだわらない

というのを常に頭に置いてるため、いつの間にか無印離れが進んでしまっていたのです。

スポンサーリンク

無印を持たないミニマリストはどんなブランド・メーカーが好きなのか

では、40代男性一人暮らしのミニマリストである私は、身の回りの持ち物はどんなものを持っているのでしょうか。

今回は服、家具、家電、雑貨、ガジェットに大別して取り上げてみました。

 

服については、最近はシンプルでかつ安いものを基準に選んでいます。

私の場合、服は消耗品んと考えており、どうせ1〜2年で処分するのであれば無理して高いものを買う必要はありません。

なのでファストファッションを選ぶことが多いのですが、最近よく飼っているのはGUかワークマンが多いです。

価格の割には結構生地もしっかりしており、着心地も悪くありません。

デザインも悪くないですし、なんといっても安い!

変に高いものを着るよりも、これくらいの方が落ち着いていいです。

無印は悪くないのですが、私からすると若干高めなので、最近は買っておりません。

家具

今は大型家具は何1つ持っていません。

唯一あるとすれば座椅子と普通のイスくらいで、どちらも楽天でノーブランドのものを安く購入しました。

こちらも何かあれば捨てても惜しくないものをいう基準なので、無印でなくても十分です。

家電

今持ってる家電は洗濯機以外は自分で購入したものでなく貰い物です。

なのでデザインやメーカーにこだわりはありません。

とりあえず使えればいいくらいに思っています。

もし壊れたら、しばらく買わないで過ごせるかチャレンジしてみようと思ってくるくらいです。

小型ではありますが、デスクライトはパナソニック、フロアライトはIKEAの物を使ってます。

無印も悪くないのですが、少し高めだったので、候補から外れました。

雑貨

雑貨も服と同じく消耗品と考えており、数年で壊れてもいいやくらいに思っております。

それこそ100円ショップ(百均)のもので十分です。

無印も決して高いというわけではないのですが、今のところ無理して無印で揃えるほどでもないなというのが正直な気持ちです。

ちなみに、持っている雑貨類の中には何点かIKEA製のものがあります。

こちらは安くでデザインが良かったので買ったものです。

今のところ、私が唯一ブランドとして気に入ってるのはIKEAかもしれません。

ガジェット

最後にガジェット。

ミニマリストとして生活できているには、デジタル機器のおかげとも言えるので、さすがにこれはしっかりしたものを使っています。

メインはパソコンとスマホ(スマートフォン)、どちらもAppleのものを使っています。

Appleは好きですが信者というほどでもなく、今の時点では一番使いやすいから愛用しています。

たまたまデザインもよくシンプルなので、これだけはミニマリストらしいと言えるかもしれません。

 

ただ、もし無印良品がデジタル機器のマーケットに参入し、パソコンやスマホを出すようになったら、乗り換える可能性はあるかもしれません。

むしろ、どんなコンセプトで出すのか楽しみなので、検討してほしいくらいです。

 

以上、ミニマリストの私が無印良品の製品を1つも持っていない理由についてまとめました。

決して嫌いというわけではなく、安くていいものを求めた結果そうなってしまいました。

もしかすると、今後心変わりして無印良品の物を再び手にする日がするかもしれませんので、その時はまた紹介できたらと思います。