いい加減に量から質の食事にしないとダメと分かっててもやめられない

食事・炊事

ミニマリストになると、食生活もミニマムになるので、自然と痩せるし、体調もすこぶる良くなりますと言われています。

が、それはウソです(笑)

私もミニマリストになってから、食事についてはいろいろ気をつけているつもりだったのですが、気づいたらタガが外れて、ついついお腹いっぱいになるまで食べてしまうのです・・・。

 

私の場合、昔から食べることは好きなので、仕事が忙しく疲れたり、なんかストレスが溜まったなあと感じると、どうしても食に走ってしまう傾向があります。

しかも40を過ぎているにも関わらず、20代の頃と食欲は変わらず、明かにカロリーをオーバーしています。

そう言う時に食べるものは、肉類が多いのですが、自分で作るのも面倒なので、お惣菜などを買って帰ることが多くなります。

そうなると、どうしても唐揚げ(ザンギ)や揚げ物などのお惣菜だったり、簡単に食べられるおにぎりやパン中心になります。

それ以前はカップ麺などが加わることもありますが、さすがに今はやめています。

栄養バランスを考え、サラダなども一緒に食べるようにはしていますが、トータルで考えると、食べる量が多いため、あまり意味がないかもしれません。

自分でも食べ過ぎということは分かっているので、平日は1日1食にしたりなどバランスをとっているつもりですが、1回に食べる量が多いせいか全部台無しにしています。

 

本来は食生活をしっかりコントロールできればいいのですが、普段他のものにお金をかけない分、食べ物で多少出費が増えても大丈夫だろうと油断してしまうのです。

本当にエンゲル係数が高い生活をしているなあと、自分でもつくづく感じます。

普段、ミニマリストで余計なものを持たず、金もあまり使わずシンプルな暮らしをしていますなどとブログなどで書いていますが、食生活に関しては本当にダメダメです。

実はミニマリストなんて大したことないのです(笑)

 

とはいえ、私もいい加減、身体に気を使わなくてはいけない年齢です。

長年身についた、つい食べ過ぎる食習慣を少しずつ改善することから始めないといけません。

現在継続している1日1食生活や、これからチャレンジしてみたい月曜断食で体質を変えていく予定です。

そろそろ、食生活も量から質に変化させていかないとなと感じております。

しかし、食べ物のことになるとたくさん食べたいという欲求に洗脳されてしまっているため、そこからなんとか脱却する方法を考えていきたいです。

ミニマリストになって、物がない暮らしは全然平気なのですが、食だけはなかなか思い通りにできません。

本当に、悩ましい問題です。