一人暮らし男性ミニマリストの部屋を公開中!

【北海道旅行記】家族で増毛へ旅行「国稀酒造」で日本酒の試飲を楽しむ

北海道旅行

 

前回の記事で増毛駅とその周辺、そして寿司のまつくらさんで海鮮丼を堪能しました。

【北海道旅行記】家族で増毛へ旅行「増毛駅」と「寿司のまつくら」
突然の祖父の訃報で、思わぬ形で急遽旭川へ帰り、久々に両親に会いました...

 

スポンサーリンク

来ない列車を延々と待つ・・・

食事の後、駅に列車が来るのが見たいなあと誰かともなく言い始め、一度駅へ戻りました。

時刻表を見ると、12時57分発というのがありました。

15分ぐらい待てば良いので、時間をつぶして列車を待つことにしました。

 

しかし、12時57分になったものの、列車は来る気配はなく、乗客の姿も見当たりません。

「まあ、なんかがあって遅延しているんだろう」

と呑気に構えていたのですが、10分経過しても一向に来ません。

 

さすがに変だなあと思い、JR北海道のサイトをスマホで確認してみました。

そこで初めて、現在運休しているというのがわかりました。

 

まあ、仕方ないかと一同諦めて撤収することとなりました(笑)

 

国稀酒造で酒蔵見学

続いて、近くにある「国稀酒造」へ向かいました。

増毛02

 

ここは日本で一番北にある酒蔵で、明治のニシン漁で賑わった頃から酒造りを始めております。

私自身はここを訪ねるのは2度目ですが、相変わらず立派な佇まいです。

 

中はちょっとした展示物があり、国稀の歴史がわかるようになっています。

個人的にはこういうのを見るのが好きなので結構楽しめました。

 

中の写真は撮るのを忘れてしまいました・・・。

(どんな感じなのかは国稀のサイトでも確認できますので、そちらで雰囲気を感じていただければ・・・)

国稀オンラインショップ

 

一番楽しみなのは国稀の試飲

国稀酒造の店舗では、実際にお酒を試飲することができ、日本酒好きな方にはたまりません。

 

実際に試飲した感想。

一般的に、北海道の日本酒は辛くてクセのある味だと思っております。

国稀も例に漏れず、クセがあり硬い感じがしました。

ただ、大吟醸はさすがに上品な感じで、まろやかで美味しかったです。

ここの試飲は、10種類ぐらいのものを次から次へ注いでくるので、結構いい感じに酔ってきます。

 

なお、最後に甘酒のサービスがあるのですが、これがとても美味しかったです。

お酒の辛味とは対照的に、程よい甘さで、酒粕もしつこくなくスーッと入ってきました。

正直、甘酒はあまり好きではなかったのですが、これは今まで飲んだ中でも最上級の味でした。

 

母親はすかさず酒粕を購入(笑)

家でじっくり飲むのでしょう。

 

建物の中にはこんなものも展示されていました。

増毛16

増毛17

実際に捕獲されたヒグマの剥製!

近くで見ると結構迫力があります。

道内には色々なところでヒグマの剥製がみられます。

 

増毛18

誰が考え付いたのかわかりませぬが、髪の毛が気になる方、ご利益があるかもしれません(笑)

 

街中のレトロな雰囲気もまた良し

日本酒の試飲を終え、いい感じになって来たところで、ちょうど良い時間になり、旭川へもど理ました。

運転は酒を飲まなかった弟に任せて私は車内でまったりといい感じになっていました(笑)

 

最後にちょっとだけおまけ。

増毛8

増毛は古くから栄えていたので、こんな建物もあったりします。

 

短い時間の小旅行でしたが、久しぶりに家族水入らずでのんびりできました。

そういえば家族の集合写真を撮っていなかった!

うちは写真を撮るのが好きではないから、誰一人として気に留めていませんでした。

 

まあ、それは次の機会にでも。

 

タイトルとURLをコピーしました