巷で騒いでいる「独身40代友達なし」正直本人が気にしてなければ問題ないと思う

ミニマリスト全般

なぜこんな話題で急に盛り上がっているのかよくわからないけど、当事者である自分からしたら、別に友達がいてもいなくてもどうでもいいことです。

実際、私も北海道に移住してから、顔見知りになった知人はいますが、昔からの友人というわけではありません。

そういう意味では私は世間から見たら「友達なし」ということになりますが、特に悲壮感はありません。

スポンサーリンク

人が孤独と感じるのは良くも悪くも身内を失う時なのかもしれない

今回話題になったこの記事、独身で40代友達なしだと、この先悲惨な人生が待っているよと煽っているだけとしか思えません。

現に私は対象なのですが、20代後半から社会人として働き、いつの間にか人間関係が職場だけになりました。

学生時代からの友人も、それぞれ家庭を持つようになり、自立した人間になりました。

私も今までの間に男女の云々はありましたが、縁がなくこのまま一人で過ごしてきましたが、正直なところ寂しいとか孤独だと感じる余裕などありませんでした。

その間に、一人でも生活する術を身につけて、それなりに楽しく生きています。

そんな生活を長年続けたので、今から無理して友人を作る必要もないのかなと思っています。

 

とはいえ、やはり一人で過ごす日々が続くと孤独を感じることが全くないわけではありません。

それでも今までやっていけたのは、ありがたいことに身内である両親などが健在であるからだと思っております。

直接会う機会は減っていますが、それでも両親がいるというだけで味方がいるという安心感があり、自分は孤独ではないと心の奥底で思えるのです。

本当は結婚して子供がいれば、家族が心の拠り所となるのでしょうけど、私には今のところ、まだご縁はないようです。

(もちろん、家族関係が良好だという前提ですが)

 

ただし、あと10〜20年経てば自分の周りでも変化があるので、孤独だったり疎外感を感じてしまう時期がやってくるのかもしれません。

それまでの間に、私自身が一体どうなっているかはわかりませんが、とりあえずは、なすがままに身を任せるしかないのかなと。

もちろん遊んでばかりでもいけないので、必要な時にはちゃんと考えないといけませんが。