北海道や仙台などで七夕が8月に行われるのは何故か?

移住生活

私自身は生まれは旭川なのですが、物心つく前に関東に引っ越ししたので、七夕は7月7日にやるのが当たり前だと思っていました。

それこそ、織姫と彦星が天の川で出会うのは日本全国共通して7月だと信じてしました。

ところが、北海道や仙台など一部地域では8月に七夕が行われるというのを知った時はびっくりしました。

なぜ、地域によって差があるのでしょうか?

スポンサーリンク

七夕が8月で行われる地域がありのは何故なのか?

北海道では8月7日が七夕だと知ったのは、小学生の時に母の実家に遊びに行った時に、祖父が七夕飾りを買ってきたからです。

当たり前のように今日(8月7日)は七夕だからなと言って飾り始めました。

七夕は日本全国7月7日と信じ込んでいた私は、七夕は7月だよとちょっとした反抗をしたのですが、いいんだよと軽くあしらわれました(笑)

 

その後、北海道や仙台など一部地域では七夕が8月に行われるということを知ったのですが、そもそもなぜ地域によって異なるのでしょうか?

まずは某百科事典サイトで七夕そのものについて調べてみました。

七夕(たなばた/しちせき、棚機)は、中国・日本・韓国・ベトナムなどアジア圏における節供・節日の一つ。五節句の一つにも数えられる。星祭り(ほしまつり)という。

(七夕節句とはいうが、二十四節気に関連する節月ではなく、暦月の)旧暦7月7日の夜のことで、日本ではお盆(旧暦7月15日前後)との関連がある年中行事であったが、明治改暦(日本におけるグレゴリオ暦導入)以降、お盆が新暦月遅れの8月15日前後を主に行われるようになったため関連性が薄れた。

日本の七夕祭りは、新暦7月7日や、その前後の時期に開催されている。

Wikipediaより引用)

 

七夕そのものの説明は省きますが、7月7日に行われるというのは昔から決まっていたようです。

しかし、明治になり旧暦から現在の暦になり1ヶ月ほど日付が早まったため、地域によって取り扱いに違いが出るようになりました。

暦通り7月7日にきっちり行うか、旧暦に合わせて8月7日を七夕とするか。

8月に行われるのは東北や北陸が多いようで、7月は梅雨の時期にぶつかるから、雨があまり降らない8月にしたという説が多いようです。

 

ところで北海道はどうなのでしょう?

ちょっと調べてみましたが、具体的に8月になった理由はどうもはっきり明記したものはありませんでした。

おそらく旧暦に合わせてやる人が多かったのかなと思われます。

(ただし北海道でも函館や根室などでは7月に行われるところもあるようです)

 

なお、北海道の七夕は笹ではなく柳を使ったり、ローソクもらいという独特の習慣があるようです。

(笹ではないのは北海道では収穫できないからだそう)

私自身は体験したことがないので、雰囲気は分かりませぬ。

多分子供の頃に北海道で過ごしていた人にとっては当たり前の風景なのでしょう。

もう、私も七夕をワイワイ楽しむような歳ではありませんが、せめて争いがなく平和に過ごせる日が来ることを心の中で願おうと思います。

最近聞いた七夕ソング

七夕にまつわる歌はいろいろありますが、最近だとこれが好きです。