ワークマンの1900円ランニングシューズを買い替えて走ってみた感想

服・ファッション

外でランニングをするようになり、色々と取り揃えておりますが、必要なものは専用のシューズです。

ランニングシューズはそれこそピンからキリまであり、本格的なものは数万円します。

しかし私は健康と痩せるためにやっており、タイムを縮めるとかそういうレベルではないので、そこそこのもので十分です。

初心者向けには、あのワークマンから格安のランニングシューズが千円台で販売されており、私も履いております。

ところが先日まで履いていたシューズに穴が開き、ソールもだいぶ削れてしまい、そろそろ履き替えが必要になりました。

引き続きワークマンで選ぶことにしたのですが、前回買ったものよりもさらに進化しています。

今回は買い替えたワークマンのランニングシューズを紹介します。

 

※今まで履いていたワークマンのランニングシューズについては、以下の記事を参照ください。

スポンサーリンク

ワークマンの1900円ランニングシューズを購入

ワークマンのランニングシューズ6

今回も市内にあるワークマンまで出かけ、実際に商品をチェックしに行きました。

現時点でワークマンで取り扱っているランニングシューズはこちらです。

結構ラインナップが増えております。

店内でチェックするとほとんどのものが置いてありました。

サイズも揃っており、私の足に合うものもありました。

 

実際に手に取り、履いたりして、今回購入したのが冒頭の写真にある「アスレシューズ ハイバウンス ドリブンソール」です。

最近のトレンドである厚底で、履いてみて走りやすそうだったのが決め手です。

デザインは落ち着いたグレーにしました。

 

その他の機能としてこんなものがついております。

このあたりは専門的な機能なので詳しいことはアレですが、それでも税込1900円で買うことができるのは驚きです!

記録を狙ったり、大会に出たり、フルマラソンをするわけではない、ただの初心者ランナーには十分すぎる機能です。

それを考えれば、この価格で手に入るのはありがたい限りです。

購入したワークマン「アスレシューズ ハイバウンス ドリブンソール」をチェック

では実際に購入したワークマンのランニングシューズ「アスレシューズ ハイバウンス ドリブンソール」の外観などをチェックです。

見た目は本当に普通のランニングシューズ、スニーカーです。

過度な装飾もないのでシンプルでよいです。

 

値段のタグなどは外してしまったのですが、こんなものがついていました。

 

それぞれの位置から見た眺めはこんな感じです。

横から見ると、厚底だというのがよくわかります。

履いてみると、靴底のクッションは想像していたよりも硬いです。

そして、つま先は説明通り、すごく反り上がっています、

 

底面はこんな感じ。

滑りにくい素材でできており、安定感があります。

 

見ての通り、ランニング用に特化した作りになっておりますので、普段ばきには向いていないかもしれません。

まあ、そのために買ったので問題はありません。

スポンサーリンク

実際に「アスレシューズ ハイバウンス ドリブンソール」で走った感想

購入した翌日に早速履いて走ってみました。

最近は体力が落ちているので、スローペース気味に1時間程度、9kmほど。

おろしたてなので、シューズそのものが固かったので、少し足が痛くなりましたが、何度が履いているうちに馴染んでいくでしょう。

 

靴底は少し硬めですが、走るのにはちょうどよいくらいです。

売りである反発力はさほど感じなかったのですが、もう少しペースを上げて走れるようになれば、効果を実感できるかもしれません。

そして、つま先が反り上がっていることで、確かに前への推進力は上がった気がします。

ただ、疲れて顎が上がると前傾姿勢にならないので、そんな時は効果はほとんどないです。

逆に、頑張って前のめりになり走ると結構効果を感じます。

 

まだ1度しか走ってないので、シューズの効果を実感するのはこれからでしょうが、初心者のランニング用としては、かなりよいです。

有名スポーツメーカーのものを選ぶのであれば、ワークマンのシューズの方がコスパはよいです。

外用だと、どうしても靴底などが擦れて、すぐに履き潰してしまいますので、最初のうちは、これで十分ではないでしょうか。

 

多分、このシューズで走り込んでダメになったら、次もワークマンを選ぶと思います。